ニューラ@無限のファンタジア

アクセスカウンタ

zoom RSS リプ待ちの光景(背後)

<<   作成日時 : 2006/08/18 07:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

朝。
寝坊してもいい、という愛染MSの雑記は見ていたが7時ごろからパソコンつけてちらちら眺めつつ顔洗ったり朝飯食べたり。
10時になったら暑くならないうちに買い物行こうと思ってたけど、まだリプは来ない。
12時を過ぎ、友人と会う約束があったため、なんか白目になりながら家を出る。

夜、帰る前に心の準備をしておこうと携帯で偽ログインを使ってみる。

「サーバーが死にました」

OTL

ホットメールって携帯で使えるんじゃなかったっけと思い出す。
‥‥URLが判らないOTL
前に仕込んでおいたのは家の人に携帯叩き折られた時にLOSTしちめーましたし。

あ、そうだ六風の茶室も携帯で使えたはずだ。
‥‥URLが(略
前に仕込んで(すごく略

OTL

しかし自分のブログのURLだけなんでか入っていた。
ダメ元でアクセス。ええ、ちゃんとしたブラウザなんて搭載してませんともー!
ブログの自分のステータスへのリンクから強引に入る。
スクロールさせていくと、
「楽風の・ニューラは『寵姫の愛』において重傷を負いました。完治にはあと5日間が必要です。」
の文字。

‥‥良かった、死んでない。

かといって安心も出来ない。
寵姫を生かすために参加した依頼で、肝心の相手が死んで自分がおめおめと生き残ってしまったのでは意味が無い。
ステータス画面の冒険記録からやっぱり強引に冒険記録へ。
「データ量が多いので読み込みを中止します」か何かエラーメッセージが出るが、まあどうでもいいやー(ぇ。

プレイングを流し読み、本文の鍵持ち組の辺りで携帯の電池の残量がメモリ1個になっていた事に気付く。
OTL
そのときはすでに家の近くまで来ていたので、それ以上読むことを諦めた。

家に帰り、顔を洗う間も惜しく、とにかくパソコンをつける。
依頼の結果は「成功」になっていた。
‥‥いやだから『討伐』成功じゃ自分的に失敗なんだって。
というわけで下から巻き戻しつつ読む。


‥‥どうやら寵姫は無事らしい‥‥。


【公開】▽寵姫の愛
 御疲れ様でした。
 愛染が何より驚いたことは【2】選択者の多さ(全冒険者の四分の三程でした)と、プレイングに篭められた気持ちです。正直に申しまして、【2】で成功を導くには「愛染が考え付かないようなスーパーでミラクルな説得法」が使われない限り不可能だろうと愛染は考えていました。
 今回、場に材料が揃ったようです。説得相手は案外と情に脆い女ですから、感情論で正しかったのかも知れません。ちなみに、逃げるには最低でも二桁の人数が必要でした。今回の【4】選択者数では、回り込まれて御仕舞いです。
 が、女王への対応はかなり宜しくありませんでした。個々人の感情で語った冒険者と、民の利害を案じる女王では話す基準の次元が違い過ぎます。今回は冒険者の顔を立ててくれるそうですが、ちょっと大きな貸しに為ったかも知れませんね。
 さて、皺寄せを真っ先に受けた人間が動き始めます。
 折角御許し頂いたのですから、彼女の行く末を見守ってやって下さいませ。

 関連して「寵姫の琥珀」依頼返却を遅らせた理由は、とても単純なことです。
 寵姫がどのような人物であるのかは、寵姫に接して来た方々であればこの依頼を読まずとも御理解頂けていたと思います。寵姫を「良い人」とは言いませんが、方向性が一般的な尺度と随分異なるにしても、根の優しい女です。多分。
 「寵姫の琥珀」を読み寵姫を助けたい、と言う想いを抱いて下さったのでしたら愛染も書き手として非常に嬉しく思います。ですがルクレチアは、哀しむでしょう。寵姫は何より同情を嫌うでしょうから。公開を遅らせたのは、其れが理由です。



GG扱いで「琥珀宮ガランルフレ」が出来ました。
「グリモアの誓いに背いた大罪人の監視、監禁を行う砦だ」だ、そーです(´・ω・`)
‥‥ええと、気が付いたら自分の幸運度が一番下(大凶)まで下がっておりまして、これはどうも「グリモアの誓いに反したせいじゃないか」という事なんですけど、そうすると大罪人って、うちらかーーーーーーー!!(爆

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
めも:寵姫の琥珀
とっくにリプレイ返ってきていたわけですけど、当時愛依頼の相談たけなわだったもので、さらっと目を通しただけでした。 今現在はガランルフレというGGが出来たり、状況も一変しているといって差し支えない状況ですが、念のために拾える部分は拾っておこうかと思います。 ...続きを見る
ニューラ@無限のファンタジア
2006/08/21 08:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
リプ待ちの光景(背後) ニューラ@無限のファンタジア/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる