ニューラ@無限のファンタジア

アクセスカウンタ

zoom RSS 希望のグリモア・めも

<<   作成日時 : 2007/05/30 11:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

世界設定
神とヒト族が世界にあり、神は力の結晶であるグリモアをヒトに授けた。
〜ランドアース東方に伝わる神話より〜
 そして、最後の神よりグリモアが授けられた時、神々はヒト族にこう言いました。
「お前達は、もはや我々の助力を必要としない。自らの未来を自らで作り出すのだ」
 この問いに、全ての神々の力を手に入れたヒト族は、こう答えました。
「その通りだ。我々は、あなた達以上の力を持っている。何故、あなた達の助力が必要だというのか?」
 その答えを聞いた神々は悲しげな瞳で、自分達の愛し子であったヒト族を見ると、この世界から姿を消したのです。

(略)

 これを悲しんだ少数のヒト族は戦乱の地を離れ、世界を救う希望が眠るという伝説のある東の果てへと旅立ったのです。


図書館 グリモア説明

 ランドアース東方に居住していた3種族『ヒト・エルフ・ストライダー』が団結し、同盟諸国を成立させる事ができたのも、希望のグリモアの力によるものなのです。
 希望のグリモアの力の全貌は、まだ判っていません。
 全ての列強種族が、この希望のグリモアの同盟に参加する事ができるのか?
 それは、まだ判りません。
 1つだけ判っている事は、東方に伝わる伝説では『希望のグリモアは世界を救う要である』という事です。



エギュレ図書館の資料
ひらめきのつるぎてい

■秘められしグリモア
ザウス神の言葉に神々は従った。唯一人従わなかった神は東方に秘密を隠した

■神の無限の愛について
悪しきドラゴンによって世界を追われた神は、それでもヒトに希望を残した

この「東方」という言葉、楓華とも取れなくはないんですが。
ただ、希望のグリモアが「ランドアース東方」であるということ、エギュレ自体がランドアースの事柄について書いた本ばかりのように思えるので(もっと沢山の本が報告されてれば別の見方も出来たかもですが)、やっぱり希望のグリモアについてなのではないかと。

で、従わなかった神って言うのが、ザウスの意に反し何をしたのか、あるいはしなかったかということですが。
したことは「希望のグリモアを残す」ことなのでしょう。
しなかったことのほうは、ザウス神が命令出したというと「ドラゴンと戦う為にマインドを作る」かなと思うのですが。
神様の一斉退去はザウス神の命令なのかなとも思うのですが、それに反したとなればザウス神以外にその従わなかった神も地上に残っているような具合になりますし、矛盾が生じてしまうので。


■ドラゴンの災厄
ドラゴンの災厄から世界を護る為に神々が作りし物が黄金の巨像であるらしい

■ドラゴン殺し
強大な力を誇るドラゴンと戦う為に、神々はその力をあわせて黄金の巨像を作り出した

■神の絵姿
神々の姿を描いた絵本。ザウス神と他の神々が議論したり喧嘩している絵もある

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
希望のグリモア・めも ニューラ@無限のファンタジア/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる