ニューラ@無限のファンタジア

アクセスカウンタ

zoom RSS 円卓票決二件について、つらつら戯言。

<<   作成日時 : 2007/07/09 22:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【評決】グドン地域の平定について

チキンレッグ王国のフライド王と北セイレーン王国の女王エメラダから連盟で親書。
先日のザウス戦で吹き飛んだ王国領土の代償っぽい感じで、人が住んでない土地=グドン地域からグドン追い払って住めるようにしたいので、力を貸してちょ。
ということらしい。

これについての選択肢は4つ。

<1>両国の要請を受け、大規模な探索・掃討を行う
 グドン地域を掃討するために、多くの冒険者による探索・掃討を行ないます。
(全体シナリオで、グドン地域を平定します)

<2>両国の要請には、冒険者が自由意志で協力する
 グドン地域の掃討については、冒険者一人一人が自由意志で参加して行ないます。
(クエストシナリオで、グドン地域を平定します)

<3>両国からの要請を受け、最大限の努力を行う
 同盟諸国の冒険者の力を結集して、最短の期間でグドン地域の平定を行ないます。
(全体シナリオとクエストシナリオを組み合わせて行ないます)

<4>当面は討伐は行なわない
 同盟諸国には、様々な懸案が他にあるので、緊急性の無いグドン地域の掃討は、もっと余裕ができてから行なうことにします。



一番仕上がりが遅くなるのはどう見ても2。
4だと、先送りにしてる間にもっと手が離せない事案が出てきて、という可能性が(というか、一度円卓から離れた議案がまた再度円卓に提案されて採決に至るってのは余りない気がします)。
1か3ということになると、「どっちが早いか」というのが大事なことになるでしょうが、クエストって言うのはネタ決めてメンバー集めて(集めなくてもいいんですけど)MSに申請→受理→OP公開→相談期間→出発→リプ返却、という手順。
対して全体依頼はOP公開〜リプ返却までの手順で済むので、時間的にはクエスト使う方が時間がかかるはず。
なのに「最短の期間」を謳っているのはどういうことか?
(ついでに言うと本題は「両国からの要請を受け、最大限の努力を行う」のみなので、実際にはどうなるかとか思ってたりします)
単純に「期間限定だから最短でやってね」って落ちの可能性もありそう。
個人的なケースでいえば、ドラ特出発前に出発したクエのリプ、ドラ特の護衛士依頼3本目が返却されようという今でも未納品です。MSさんにもご都合もペースも有りますから、というか、それがあるからこそ絶対に最短とかにはならんと思う(´・ω・`)
全体依頼でも遅刻がないわけじゃなかろうけども、目立つぶん、少ないという気はするのですよ。

で、他に3の利点というと、見かけたのが「全体依頼での取りこぼしをクエストでやる」‥‥それ、普通に「リベンジするは我にあり」クエストでいいんでないかと思ったんですけども。
100のうち50を全体、50をクエストというニュアンスで言うのなら、前記の懸念が発生します。
難易度が「普通」とかだったら発注する人も少ないだろうし。

なので、私結論は【1】。
少なくとも【3】を推す気にはなれませんOTL




【評決】楓華列島の天子の要請に対する返答
天子様=楓華列島のえらいひと。あっちの神様の実の子供。
‥‥うん、神様とヒトって、子供が作れるってことは、肉体的に差はないの?ていうか種族分化は神去りの後な気がしたのですが、何故神の実子(種族分化前に生まれたはずの)なのにドリアッドなの?
……全てのドリアッドの始祖だったり?ノスフェラトゥの女王みたく。
でも楓華もドリアッドだけの大陸じゃないわけだし。むう。

閑話休題。

要求:ザウス神様殺した同盟の冒険者は出てけ。

<1>神の意志を尊重して、即時退去に同意する
 それが楓華列島の神の意志であるというのならば、それを尊重するのは大切な事です。
 世界各地で様々な問題が発生している今、楓華列島でも火種を抱える事は得策では無いかもしれません。

<2>神の意志は尊重するが、一定の猶予期間をもらう
 神の意志は尊重しますが、まだまだやりかけの事柄も多くあります。
 また、目の前で困っている人を見捨てて即時退去するというのは、冒険者の誓約にも反する行為でしょう。
 立鳥跡を濁さずという言葉もあります。数ヶ月〜半年の猶予期間をもらい、その間に、当面の問題を解決したのちに、楓華列島から退去する事が、最も良い解決法かもしれません。

<3>楓華列島は同盟諸国の領土であり、要求には従えない
 神の意志を尊重して、キナイ地方(ドリアッド領)に立ち入る事はしないが、既に同盟諸国の領土となった地域については、退去に応じる事はできない。
 自国の領土で冒険者としての行動に、楓華列島の天子の許可などは必要なく、要求に応じる必要は全くありません。



特に護衛士団で今実際に働いてる方々などは2番を選ばれる方が多いようです。
東方大陸の伝承を求めた旅団シナリオが2004年3月。
6月にドラゴンズゲート「精霊の社」が発見されます。
8月には精霊の社のサブゲート、「蒼の迷ひ路」の奥で発見された見知らぬ町と怪物(「鬼」)を調査する事になり、9月にマウサツの国救援部隊が設立。
……その後のことはそれぞれのGGで纏めてらっしゃる方がおいでと思いますので割愛。
3年もかかってようやく此処まで来たのですから、手放せというのもむごい話の気がします。
ただ、逆に、ここまでたどり着くのに三年かかったものを、あと何ヶ月、半年と言った期間で片付けられるとも思えないのです。
苦しんでいる民は跡をたたないでしょう。
期限があるということは、どこかで線を引かなければならないということです。
こっちの村は助けられるけど、こっちはダメ。
この人は助けられるけど、むこうはダメ。
これに耐えられなければ半年が一年にずるずる延びるかもしれない。
一年後、また楓華の神様が星凛祭の日に下りてきた時、まだ同盟の冒険者が自分の土地に居たら、今度はわが子である天子様すら見捨てかねないのではないか。

あとは、天子様の同盟冒険者に対する心証の問題ではないかと思ったりしました。
ある日、一年ぶりにあった尊敬する父に、「おまえの付き合ってる友達、実はやくざだぞ」とか言われたようなもので。
普通は避ける。
避けない場合があるとすれば、父さんよりその友達との付き合いが深くて、「やくざでもあいつはいい人間なんだ」って言い返せる場合でしょうか。
ちゃんと話し合いというか、少なくとも「要望」という形をとってこちらに伝えてきたものを、単純に「だけど自分はこうしたいんです」というのでは、埒が開かない気がします。
やるのであればそれなりに「楓華に同盟の冒険者が必要である、という証拠」を用意しないと、説得力がないかもしれません。


そんな考えのもとに、私だったら1だなあと。
楓華護衛士さんで3を推してる方もいらっしゃいますけど、それも民草を守りたいというきちんとした考えに基づいて選んでいる方もいらっしゃいますし、同じ民を守りたいという気持ちでも表し方は人それぞれでしょうか。

楓華とのつながり、何らかの形で繋いで、こちらの信用を取り戻せれば、また来年神降りの時に交渉も可能になるのかな、なんて思うのですけど。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
円卓票決二件について、つらつら戯言。 ニューラ@無限のファンタジア/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる