ニューラ@無限のファンタジア

アクセスカウンタ

zoom RSS 何かのベスト3

<<   作成日時 : 2007/08/09 15:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

何とは言わない。


「単純に事の深刻さからだけから考えるに……何人かは帰ってこないと思います、どうしても。冷たい意見ですけど。逆に考えれば……最初から大人数で勢いよく突っ込んで全滅するより、少数の先遣隊を犠牲にする方が「損害」が少ないという考えもできますね。」


「死の行進…。なんと非情なことでしょう。」


「お前は死んでもロザリーを連れ帰れ」(これは直に言われましたが)


まあぶっちゃけ特務関連で(直接でないにせよ)言われて傷ついた言葉のベスト3なんですけどね(笑。
一応コメントもつけて置きますと、1番目。
特務行った本人……例えば私の前で同じ事言えますか?
言えないんなら、なんでそんな他所の旅団で、目に入る場所で言うんでしょう?(苦笑
万一本人の前でも同じことが言えるってんなら、この人は色々と可哀相な人なんだろうから、仕方ないかなあって思う。
とりあえず、もし今後、某連れ回し企画とかでこの人が挙手してるのを見かけても、連れ出さないつもりです。
私、狭量ですからね。

2番目も同じ理由。
絵門ゆう子さんという、ちょっと尊敬している方がいるのですが、というか、居られました。過去形です。乳がんで亡くなられました。
ぎりぎりまで、治療を続けながら朝日新聞でコラムを連載しておられました。
そのコラムの中で、面と向かって「乳がんなの、お気の毒ね」みたいな言われ方をして傷ついた、という話があったのを覚えています。
”私は確かに乳がんだけど、死ぬと決まったわけじゃない。こうやって苦しみながら治療を続けている。生きるために。なのに、どうして死が決まったように哀れんだ目で見るの?”
そんな話。
勿論言ったほうは傷つけようと思って言ったわけじゃないわけです。だからこそ、言われた方も「なんでそんなこと言うの?」とは言えない。
他人事だからこそ言える台詞なんですよね。こういうのって。
……実際、所詮は他人ですけど。

3番目。
……これは言った人が言った人なので(なおかつ酔っ払ってたので)(苦笑。
あーあ、やっぱりな、そう思っただけ。
でも他の人に同じことは言って欲しくないです。
やっぱり傷つくもの。
自分でもずっと「最低限ロザリーさんと魂の石」、というのは考えていたことなんだけど、それを面と向かって言われると、やっぱり、ねえ(苦笑。


べつに言った人に謝れとかそういうのではないです。謝ってもらっても何か変わるわけじゃないし。
ただ、自分がそういう台詞を吐かない為に覚えておく。
悪意がないほうが、余計に性質が悪いのですから。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
何かのベスト3 ニューラ@無限のファンタジア/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる