ニューラ@無限のファンタジア

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏の名物 〜胃薬と、夏野菜〜 (2)夏野菜編

<<   作成日時 : 2007/09/20 11:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ちなみに、この記事を書こうとして依頼のリプレイ見ようとしたらたまたまトップでアレクさん見つけてピラーがタイラントなのでしたうほほーい。
お陰でこっちの記事のアップが遅れてしまいました。慰謝料を要求する。嘘です。
リアイベ前に召喚獣つけてしまいましたが、幸運度チェックが倍付けになるということ、あとHPとCPの増加分を考慮するとつけた方がお徳なような気がしたのです。

それはそれで、前回に続きまして愛染ますたの夏のイベシナシリーズ、「寝覚めの昼餉」のこと。
寝覚めの昼餉

エテルノさんの初めてのイベシナが「始まりの夕餉」でしたから、この次は朝食か夜食か(笑。
‥‥おやつでもいいな(爆。

お土産を頂きました。
私は特にレシピを希望しなかったので、こちら。

アイテム名:翡翠の葉
    分類:お守り
    設定:グリーンクォーツで模った小さな広葉樹の葉。太陽の恵みが育む夏色。
 必要レベル:1

水晶だけど翡翠とはこれいかに。←そんな事を言うのはヤボです。
別キャラさんも今回はこっそり参加です。だってねた思いついちゃったんだもの。
レシピ貰った(希望した)子と、同じ翡翠の葉を貰った子と居ました。

個人的に失敗したと思ったのは、他にもスズキを使ったレシピの方がいらしたこと。スズキのしゃぶしゃぶの冷やし茶漬け、おいしそうでしたねー。
何しろ今回はお題が夏野菜と決まっていましたし、被るの嫌いな私はカプレーゼとラタトゥイユは最初から除外しておりました(この前の特務の解散式でどっちも食べていたということも有ります)。
夏野菜ということで冬の魚を併せるわけにも行きませんし、やはり夏の魚ということで、スズキを選んだのでした。白身魚で、野菜との相性も良いと思いましたし。
あと、テーマは酸味を選びました。(別キャラはまた別のテーマで、また、食材の野菜もそれぞれ種類を被らないように整えました)
テーブルの上の大戦略です。

ブランチということで、魚はグリルでも良かったのですが、酸味のソースを使うのに少し淡白すぎてつりあわない気もして、ムニエルに。バターだとこってりしすぎますから、オリーブオイルで。
付け合せの野菜の中で、ズッキーニだけをグリルでなくフライにしたのは、南瓜に似たほっこり感、フライのさくっという歯ざわりがグリルよりも良かろうと思えたからです。
しかしちょっと見た目重視になっちゃったきらいは否めません。
んー。
味で勝負しないとダメですよねー(=x=;

いまだったらガレットとシードルのコンビなんかもよかったなあとか。まあシードルがお酒なので別途アルコール抜きの飲み物も必要になりますけど。
‥‥夏ガキのスモークなんて手もありましたね、そういえば。
別にスモークなら夏ガキじゃなくてもいいだろうけど。
あと、案外パスタ系持って来る人があまり居なかったのもちょっと驚いたかも。カッペリーニラヴ。
ショートパスタでサラダ作るとか、ありがちかなあと思って避けてたんですけど。
後の祭りだひゃっほーい。



エテルノさん狙いの美人さんが沢山いるので早いところ身を固めて欲しいあちし。
なんつーか、エテルノさんって、例えば口移しでポッキーとか、お願いしたら普通にやってくれそうに思うのですよ。

じわりと滲むように笑みを深めたエテルノは、可愛いなあ、と愉しくて堪らない様子で低い呟きを洩らした。瞬時に悪巧みはしたものの、今日のところは何もしない。


>今日のところは
>今日のところは
>今日のところは



(ぞくぞくぞくぞく)
何その夏の恐怖体験その2。(その1は「夜伽語り」。)


<プレイング内容>
折角この時間帯なので、市場で釣りたてのスズキを手に入れる余裕はありますよね。
オリーブオイルで、からりとムニエルに仕立てます。
なす、ピーマン、赤と黄のパプリカを強火で軽く焦げ目がつく程度にグリルしたものと、
狐色の輪切りズッキーニのフライを添え
被せる翡翠色のソースは枝豆をゆでて丁寧に裏ごししてから白ワイン、バルサミコ、レモン果汁と醤油でさっぱりと調味したもの。
引き締まる酸味の中の枝豆のほのかな甘みは淡白なお魚と相性がいいかなと

エテルノさん、お気に入りの食材とかあったら教えて貰っていいですか?今後の参考にしたいので。

あと、私素直になる事にしました。

‥‥嫌いです(笑顔。

(何かされたら隅っこでのの字を


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
夏の名物 〜胃薬と、夏野菜〜 (2)夏野菜編 ニューラ@無限のファンタジア/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる