ニューラ@無限のファンタジア

アクセスカウンタ

zoom RSS 火炎の王ライリュースに落ちました

<<   作成日時 : 2007/11/09 08:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

1.このグリモアガードに応募しようと思った理由は?

ヒマだから(現在GGに所属しておらず、かつ、7大眷属にはかねてより興味があり、今回のチャンスが非常に恵まれたものに思えた事)

2.大大怪獣と七大怪獣について知っていることを述べよ。

大大怪獣ワイルドファイア……超でかくてすごいかに
治めたり倒したりするものでなく鎮めるべきもの 戦の気配に呼応して目覚めると怪獣の数は2倍、強さは3倍、凶暴さは4倍になるらしい
2006運動会により静まった
など

七大怪獣……大大怪獣の下僕。
「7匹の下僕が蘇りしときワイルドファイアは大きなくしゃみをして上に乗っている人間は皆ひっくり返る」伝承あり
既に5体はほぼ討伐済み(ヴアサーリに出たラーツィビービがまだ一応生きている筈)
今回のライリュースで6体目
など

3.あなたにとって仲間とは?(200文字以内)

志を同じくする、自分とは異なるもの
自分とは異なるのだから、目的を果たす為に最良と考える手段が異なる事も在るが、最終的な目標が同じであれば、必ず歩み寄っていけるものだと思う
例えて言えば右手と左手、あるいは手と足のように、それぞれの果たすべき役割が違っていて、しかしどちらも欠けては困るものだから、お互いを尊重していかなければいけない


4.悠久の誘い・メルフィナ(a90240)に勝て。(300文字以内)
 メルフィナに勝てるプレイングを書いてください。


用意する物
・ルビー、サファイア、真珠
・袋
・紙

ルール「これから予言を行います、あたったら私の勝ちです」


紙に「ルビーは貴女、真珠は私が持っている。サファイアは袋の中」と書き、文が見えない様畳みメルフィナさんに渡す

袋から宝石を出して、メルフィナさんに一つを選んで貰い
最初がルビーなら「それを手に握って下さい」、残りの二つからまた選択して貰い真珠なら「ではこれは私が持ちます」と握って見せ、「残りの一つは使わないので袋に戻します」とサファイアを袋に入れる
逆の場合や最初に他の石を選んだ場合も同様に誘導

最後に予言の内容を確認して貰う
あくまでもメルフィナさんの選択の結果と思わせる様振る舞う




(4問目 最初の字数オーバーの)

用意するもの
・ルビー、サファイア、真珠
・袋
・紙

ルールとして、「これから予言を行います。あたったら私の勝ちです」というのを認めてもらいます。


紙に「ルビーは貴女が持っている。サファイアは袋の中、真珠は私が持っている」と書いて、文字が見えないように折りたたみ、メルフィナさんにお渡しします。

袋から三つの宝石を取り出してメルフィナさんに見せ、先ず一つ好きな物を選んでもらいます。

最初の一つがルビーならば「それを手に握って、絶対に離さないで下さい」と言い、残りの二つの中からもう一度どちらかを選んでもらい、それが真珠であれば「ではこれは私が持ちます」と握り締めて見せ、「残りの一つは使いませんから袋に戻します」とサファイアを袋に入れます。
(サファイアを選んだら、「ではそれを袋に入れてください。残った真珠を私が持ちます。」)

最後に、メルフィナさんに預けた予言の紙を開いて内容を確認してもらいます。

なお、最初にサファイアを選ばれれば「ではまずそれを袋に戻してください」、真珠を選べば「メルフィナさんが最初に選んだのが真珠でしたから、この真珠は私が持ちますね」という感じで誘導。
あくまでもメルフィナさんが選んだからこの結果になったと思わせるようにふるまいます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
火炎の王ライリュースに落ちました ニューラ@無限のファンタジア/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる