ニューラ@無限のファンタジア

アクセスカウンタ

zoom RSS 『20世紀で最も印象に深く残ったのは、ファンタジアだ。』勝手にブログ評論(α版)

<<   作成日時 : 2008/01/27 11:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

α版でもオープンベータテストのゴールデンロアより出来が良い気がするのは気のせいですか
というわけで、KOROPPYさんのところですとか、なかたん先生のところとかで目に入った「ブログ評論」をやってみました。

勝手にブログ評論
ニューラ@無限のファンタジア評論

20世紀で最も印象に深く残ったのは、ファンタジアだ。

総合得点 75点
リトルボギーのようであるとも言える。以前、モンマルトルで見た時のリトルボギーはより優雅だった。シルバーレインも決して悪くはないが。華やかな、若い入手シナリオ。痺れてしまう。

そこで、作者のファンタジアへの偏愛ぶりは目を覆うばかりだが、そこがまたいい味をだしている。女性としての矜持をニューラ@無限に求めるのははなはだ見当違いである。入手シナリオがそんなに好きなのか。まあ良い。フォーナ様降臨を手に入れるためなら、セーヌ川に飛び込むという若者があとを立たない。嘆かわしい。リアルタイムイベントなど、いずれウォルマートの店頭にならぶだろう二級品である。ノーブルケープは悪名高きウォルマートのバイヤーですら手を出さないだろう。
私なら、リトルボギーに生涯を捧げるだろう。あと10年若ければ


‥‥つまりこの評論家さんは、10年後のボギーさんであるという結論に達しましたが何か。
てゆか、モンマルトルにリトルボギーさんが居るんかい(==;

評論文が短めなのは、入力したURLがトップで、短い文章しか材料として使われていないためではないかと。
結果全文
(アクセスするたびに文章は変わります)

どうでもいいのですが、

>女性としての矜持をニューラ@無限に求めるのははなはだ見当違いである。

‥‥ひどくね?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「勝手にブログ評論」してみた
URLを入力するだけでブログを評論してくれる、「勝手にブログ評論」をやってみました。 アクセスするたびに、違った評論が出るので、毎回楽しめます。 こちらは、腐女子の頃を過ぎても・・・さまの「勝手にブログ評論 ですって。」経由で知りました。 まずは、「KOROPPYの本棚」の勝手にブログ評論。 KOROPPYの本棚 評論 紳士たる者、 今野敏を忘れるべからず。 総合得点 10点 俳句背景のようであるとも言える。百年ほど経てば、京極夏彦はルーブルの展示室に飾られていることだろう。19世紀のイタリアに... ...続きを見る
KOROPPYの本棚
2008/01/27 12:43

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。

タイトルをもじっているので、
ツッコミどころがいっぱいの評論ですね。
痺れてしまうシナリオというのにも興味津々ですw
KOROPPY
URL
2008/01/27 12:44
>KOROPPYさま
いつもお世話になっておりますーm(__)m
結構出鱈目なようで、「作者のファンタジアへの偏愛ぶりは目を覆うばかりだが」なんて言われると、あながち間違いでもないかなあ、なんて。

痺れてしまうシナリオは、きっと「フグをまるかじりする」とか、そういうのかも‥‥(笑。
ニューラ
2008/01/27 13:00
今やってみたところ、どうやら「フィンランドでは、結婚の誓いとして株式会社トミーを差し出す」らしいです(爆)。

それにしても、対象ブログを変えるだけでもまったく違う文章になるのですから、面白いですね〜。
なかたん
URL
2008/01/27 13:13
株式会社は誓いのようなものなのでしょうか。
‥‥倒れないようで居て、たまに倒れちゃう辺り、似ているのかもしれません(汗。

さっきは「19世紀のイタリアに、ブログ評論に詳しい詩人が居た。」でした。
ブログの歴史、どんだけですか(笑。
ニューラ
2008/01/27 13:30

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『20世紀で最も印象に深く残ったのは、ファンタジアだ。』勝手にブログ評論(α版) ニューラ@無限のファンタジア/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる