ニューラ@無限のファンタジア

アクセスカウンタ

zoom RSS 真王化身 〜禍人

<<   作成日時 : 2008/01/28 21:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

楓華列島(ふうがれっとう)という場所は、ランドアースとはいろいろなものが異なって居る場所です。
それは例えば、ランドアースの中でも、セイレーンとそれまでの同盟の人間とでは考え方の隔たりがあったり、あるいは、ランドアースとホワイトガーデンやワイルドファイアとの間でも、大陸間の隔たりがあると同時に考え方も異なるのだけれど、それらとはたぶん少し違う隔たりで。
まるで大陸をまるごと覆っている氷のようなもの。
同盟の熱はじわじわと少しずつそれを溶かして行って、氷の中に入っていたものの姿は徐々に見え始めていたのだけど、大神ザウスが身罷ったのに起因し、同盟は干渉する動きを止めざるを得なくなりました。
年を越せば退去命令に従わなければいけない、という中、カザクラやヒモロギでは活発に活動が行われ、その中では鬼との戦いの中で命を落とされた方もあり。

最終的に楓華を去るにあたり、楓華のGGの人たちはかの地の総主たる天子様との会談にこぎつけました。
結果、退去命令は覆らぬまでも、間違いなく大きな一歩を踏み出したこと。
この次の星凛祭の折には、また楓華の神が地に降り立つのでしょう。
そのとき、或いはそれよりも早く、同盟と楓華と、またつながりを持てるような気がしています。


この一連の流れの中で、発つ鳥あとを濁さずとばかりに、様々な楓華での依頼が酒場に出ました。
その流れの一つに位置するのが、セトゥーナ州でのGGカムライの活動のあとを受け、真の黒幕を追い詰める一連の依頼。
堅固な砦の奥にあったのは、民を裏切り異形と成り果てた身で鬼とともに在る、かつての君主、ユェリ・サギミヤの姿でした。

真王化身 〜禍人



私がこの件に携わったのは「悪鬼の鉄扉」の依頼がきっかけです。
この依頼は、以前ガランルフレでお世話になったアニエスさん、そして後にドラゴン特務部隊でご一緒する事となったカラベルクさんはじめ、顔を見知って居る方も多く、落ち着いて仕事が出来たように思います。
‥‥緊張感はあったし、頭使うのはすっごく疲れたけど、でも楽しかったんです。
難しくて、重傷者も出してしまったのですが。

今回は、その流れの締めくくりとなる依頼と言う事で。
行きたいというか、行かなきゃならない様な気になりました(笑。
依頼って、自分が行きたいと思っても予約順位でかすりもしなかったり、その依頼との縁がないと入れないように思います。
今回はご縁がありましたようで、参加する事ができました。

それ自体はいたってシンプルな依頼。
キマイラとしての生を終え、モンスターと化したユェリを、討伐する。
キマイラが変じたモンスターは幾つもの特徴を持っています。
例えばその身に霧を纏い、操る能力。
例えばその身に生じさせた黒く厚い、堅固な鎧。
額に生じた角は只管に鋭く。
そして、本来民を守る為に得たグリモアの力も未だ衰えず。
‥‥シンプルな依頼です。
ただ、敵が強いだけで。

相談の場で最初に課題となったのは、霧の中でいかに相手の動向を見極めるかという事でした。
霧の中では視界が奪われるだけでなく、ミストフィールドのアビリティ同様に、五感が奪われるものらしく。攻撃にせよ防御にせよ、動きが鈍くなってしまうようなのです。
攻撃対象を見定める事の難しさの上に、攻撃の当たりにくさ。
対象を定める必要の無い全体攻撃を使う案が挙がり、ならばと、私は吟遊詩人アビであるファナティックソングを使うことにしたのでした。ちょうど、自分自身がタイラントピラーを召喚獣に持っていることもあり、ファナティックの恍惚反動も最小限に抑えられると判断して。
実際に使ってみて、効果は覿面と言っていいほど。
でも、その効果……混乱により無差別に攻撃を仕掛けてくることを、私はちゃんと把握していなかったようです。
それゆえに、他のメンバーは攻撃が来たときに対策が取れているかどうか分かれてしまい、幾人かは怪我を負うことに。
頭では分かっていた積もりになって居ても、それを周囲に注意を呼びかけることが出来なかったのですから、薮をつついて蛇を出すとはこのこと。
それでも、これがきっかけでかくれんぼから脱したのはまだ救いがあるでしょうか。

後は、血の流しあい。

‥‥私はその後は、無風で倒れないようにすること、逃げ出させないための注意位しかしていなかったので、役に立っていないといえばこれほど役に立っていないのもどうよって感じな気もしなくも在りませんが(遠い目。無風、描写ないですし‥‥。

ただ、いずれにしてもこれで長くうずいていたあの国の病が一つ、癒えたのだな、と思うと、
少しだけいい事をしたような気持ちになるのです。

<プレイング>
楽風の・ニューラ(a00126)
去年の今頃、美食伯爵というキマイラの最期に立会いました
その前には琥珀の寵姫
民に慕われた
民に恐れられた
民を裏切った
三君のそれぞれの有り様

キマイラはいつも哀しい
キマイラを生み出す世も、哀しい。


トトさんと一緒に回復手を守る位置
先ずは無風の構え
鎧聖を貰ったら二の手でファナティック
霧に隠れても逃れられぬ歌聞けば
気配を消したりできないはず
それでも効かないなら背を見せたり無防備を以て攻撃を誘います
此方から当たらずとも先方が攻撃をしてくれるというのは有り難い事かもしれませんね
真空に手を突っ込めばかまいたちに切られる様に
そして返す刀で此方から攻撃を
刀ではなく術手袋の衝撃波ですが
霧の中見えなくても血が飛沫くのや痛みの呻きは
聞こえます
それで仲間に位置を知らせられれば良し


敵を見失ったらファナティックを使いますが一回分はとっておきます
無風は長丁場になる事を想定して無駄使いを控え
敵が此方の前衛に怪我を負わせたタイミングで使い
次に回復させまいと此方の回復手に攻撃の矛先が向いたら
庇うのではなく引き受けて戦うようにします
此方を優先して狙うなら切れたら掛け直して無風を使いながら
カウンターで反撃を繰り返します

以前この地に来た時は三叉の蛇の力に鬼が驚いたのでしたが
此度は獣の柱の力で立ち続けましょう
あの時共に扉を破った仲間の一人は
二度とこの地を踏む事叶いませんが


敵が逃亡しそうなら、そこでファナティックを使い足止めを図ります

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
真王化身 〜禍人 ニューラ@無限のファンタジア/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる