ニューラ@無限のファンタジア

アクセスカウンタ

zoom RSS 2008-05-26のブックマーク(BlogPet) ※鎖国記とPK

<<   作成日時 : 2008/05/27 03:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

きのう(2008-05-26)のニューラのブックマーク。




さて、毎度遊ばせて貰ってます「鎖国記オンライン」なんですが。
そもそもいろいろな遊び方がある、と言うのはゲームにとって良いことだと思うのです。
同じRPGでも早解きクリアを目指す人も居れば、アイテムリストを埋めるのが楽しい人もいる。
間口がそれだけ広ければ人も集まります。

でも人が集まると言うのは、時に弊害でもある。
特に、誰かが自分の遊び方を他人に強いたとき、そこにトラブルが生まれやすいのではないでしょうか。

今回の話ですが、鎖国記には共闘と言うシステムがありまして、他のPLさんに勝負を挑む事が出来るのです。
ペット同士を戦わせる騎獣戦と似ていますが、騎獣戦はペットのHPが0になったら「酪」で復活させ、「牛乳」でHPを回復してやらないとその後連闘は出来ないのですが、共闘のほうは勝負がついたらHPは自動回復扱い(無限のファンタジアやシルバーレインの闘技場及びプールのルールと同じ)なので、延々と戦い続ける事が出来る。
それも最近、あまりの連投でシステムに負荷がかかってサーバーが落ちると言う事があってから、連投にも上限が設けられました。

で、共通活動ログ眺めてたら、ある日、AさんがBさんに延々共闘をかけて居るわけです。もう制限いっぱい、延々。
仕掛けられているBさんが私のパートナー(同朋というシステムで、言うなれば義兄弟の契りとでも言いますか。組むことで二人だけで使える共通倉庫・掲示板が使用可能になります)を組んでる方で、そちらからは特に応戦もなく、力量の差もあって「やられっぱなし」の構図でした。
首をかしげながら見守っていましたが、二日後、Bさんが雑談掲示板に書き込みを。
「このところ共闘相手にしてもらっているけど、できたらこの雑談板で声をかけるとかしてもらえませんか?」
困惑した感じの文章で、私も組んでもらってる人がそういうカモにされてたのかーって思ったらちょっと腹がたって、先方の店の掲示板に「共闘させていただきますね^^」なカキコしてから共闘を振ってみましたが、遭えなく返り討ちに合いました(ち〜ん)。
その後Aさんは沈黙したまま、しかしBさんだけでなくCさん、Dさんとターゲットを複数にして(でも最大3人くらい)共闘を続け、更に二日後に今度はCさんが
「共闘、負けると人気度下がっちゃうんですよね。何か一言言っていただければ心積もりが出来るんですけど……」
ここでようやくAさんの書き込み。
「人気が50ぐらいまでにしてたんですけど、幾つまでならいいですか?やめた方がいいならやめますが」
ここで、やめろ、と言ったら他人の遊び方を否定することになっちゃいますよね。誰もやめろとは言いませんでした。
性根のいい人ばかりなんですよ、ここの参加者の皆さん(あちしは除く。
で、その後反撃派もぼちぼち出てはいたんですが、Aさんみたいに延々限度一杯まで勝ちの見えた勝負を続ける猛者は流石に他には居りませんで、仕掛けても精々数回。
あちしも、同じことされたら分かってくれるのかなあと思って仕掛けては見たんですが、元々強くない(戦闘メインでないと、なかなか戦闘力上がらないですし、商売で持ち時間を消費しちゃうと共闘にまわす分の時間の余裕もなかなかない。
その状況の中、Aさんは共闘を相変わらず限度一杯やってくるわけです、勝てる相手ばっかり狙いで(笑。

また数日後。
「毎日相手してくださってありがとうございます、でも私今のままでは絶対に勝てないんですよ。
負けリザルトがログにずっと並んでるのは辛いです。
どうせ遊ぶなら楽しく遊びたいし、悲しい気持ちでここに来たくないので……」
Cさん、共闘拒否設定になさいました。
他の人も次々に拒否設定に。
Aさん、平然と仰った。
「そうですね、拒否設定なら共闘できませんからね。
私は攻めて負けるのは嫌ですが、攻められて負けるのは平気です」
……つまり自分の楽しみを人が阻害するのが嫌なだけで、他人が楽しいかどうかはそもそも眼中にないと。

ムカついたあちしのカキコ。
「Aさん、マナーというのは、他人に不快な思いをさせないことであり、自分の考えを押し付けるのとは違うと思います」
返答。
「自分の考えを押し付けてるつもりはありませんので、かんにさわったら謝ります。」
……いや、癇に障んなかったらいいわけ?
怒られなかったら謝らないわけ?
お前様は電車の中で「ほら、おじちゃんが怒ってるからやめましょうね」って子供に言う母親に育てられたのですか?

自店板に思わず
「この人本当に自覚ないんだな……」
と呟いた所、Cさんに
「ないないw」
と賛同されますた(´・ω・`)

その後ご本人うちの店板に降臨。
「共闘は好きに遊んでもらってかまいませんので。」
……相手いなくなって勝てるなら誰でも良くなったんだろうかとちょっと穿った見方をしてしまいました。
それ以前に過去ログでこちらが散々愚痴ってるのはスルーかと。
あちしのお返事。
「日本語、分かりますか?」


↑のそれぞれの発言内容は、実際の掲示板のものとは違います。
でもあちしの目にはそう映ったってことです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2008-05-26のブックマーク(BlogPet) ※鎖国記とPK ニューラ@無限のファンタジア/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる