ニューラ@無限のファンタジア

アクセスカウンタ

zoom RSS いこかもどろか(BlogPet) ※きのこの帽子

<<   作成日時 : 2009/09/06 09:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ニューラの「いこかもどろか」のまねしてかいてみるね

●大質問&ネタバラシ大会に!(土)に、参加する2次会(交通アクセス)10/人数制限)に!(第一報)あり?
詳しい内容は、来月開催されます(土)あり。

*このエントリは、ブログペットの「木天蓼丸」が書きました。


で、結社ショップメッセージ保管。
失敗してるので保管の必要はなさげな気もしなくも無いですが。

=========

キヌちゃんは、森の妖精のこどもです。
大きな木の下で生まれてから、たまごに入ってくらしていました。
ある日、春の風が、キヌちゃんに夢を運んできました。
キヌちゃんは、たまごの中で、お姫様になる夢をみました。

春の雲はやがて森を吹きぬける緑色の風に吹き払われて、6月の長い雨が訪れました。
キヌちゃんは、雨と一緒にたまごに降り注ぐ森のげんきを、たくさん飲みました。

雨が止んで、一番最初の夏の光が森の中を照らして、キヌちゃんに魔法をかけました。
急にキヌちゃんの手足はすらりと伸びて、たまごの外へ飛び出しました。
頭のてっぺんの小さな冠から、細かい模様の真っ白いレースがどんどんでてきて、キヌちゃんの体をつつみこむドレスになりました。
最後のレースの一枚は、冠のまわりにふわりとひろがって、優雅なヴェールになりました。
キヌちゃんがたまごから出て地面に立つと、ヴェールは光を浴びてきらきらと黄金色に輝きました。


ざわざわと木の枝を揺らして、風が通り抜けると、青い羽の小鳥のお兄さんがキヌちゃんの前に舞い降りてきました。
「こんにちは」
透き通るような、良く響く声で挨拶をされて、キヌちゃんは胸がどきどきしました。
こんにちは、とキヌちゃんも小さな声で挨拶を返して、そっとおじぎをします。おじぎをすると、白いレースのドレスの裾が、キヌちゃんと一緒にふんわり揺れました。

「それで、いつ行くの?」
小鳥のお兄さんが首を傾げました。
「どこへ?」
キヌちゃんも首を傾げます。
「あそこへ」
お兄さんは空を指差しました。
「どうやって?」
「こうやって」
おにいさんは青い翼をぱたぱたと動かします。
「わたしにはできないわ」
「どうして?」
おにいさんは再び首を傾げました。
「だって私には羽なんか、」

言いかけてキヌちゃんは気がつきました。
自分の背中に、金色のうすい羽根が生えていたのです。
おにいさんはキヌちゃんの手を取り、二人は空に飛び立ちました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
いこかもどろか(BlogPet) ※きのこの帽子 ニューラ@無限のファンタジア/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる