ニューラ@無限のファンタジア

アクセスカウンタ

zoom RSS 今年のアレ(全力でグロと下ネタ注意)

<<   作成日時 : 2012/12/31 23:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

一番印象に残ったのは夏に入院・手術したこと。
人生初の入院、そして臓物1キロ抜きダイエット……
とにかく順を追って話そう。


ちなみに、病名は子宮筋腫である。
これがまた、女性の何人に一人は必ずやりますってくらいのポピュラーな病気。
小さいうちだと内視鏡手術とかで、あまり時間も手間もかからず傷も小さく体力の消耗もすごくないそうなんですが、私の場合

20cm

ほどの大きさだったので。
厳密に言うと19*12*9だったかな。
内視鏡ではすまず、開腹手術ということになりました。



……たぶん1月あたりから調子は悪かった。
のだが、メインが吐き気と下痢。
もう毎朝下痢。仕事行く前に下痢。アンド吐き気。
こらえられるうちはいいんだけど、一度吐き戻してしまうとぐったりしてしまって動けなくなる。
胃腸科に行って診てもらったのが5月、過敏性腸症候群と判定された。
もともと緊張したりするとすげー吐き気がこみ上げる子で、小学校の保険医にも「自律神経失調症ではないか」言われたりしてたので、こりゃあストレスだなあと合点がいった。
それはそれとして、別の症状もあり、こっちは腹がどんどん出てきた。
まあ自分もステキにいい年食っちまってる身なので、これがいわゆる中年太りですね、とほろほろ泣いていた。
ただ、他の部分はそれほどひどくないのに腹だけがむやみにどんどんせりだしてきて、しかも触った感じがなんか固い、腹をひっこめても引っこまない。
なんとなくおかしいなとは思っていたものの、最大の体調不良=下痢と吐き気がストレス由来ということで、そっちの方に気を取られててわりと腹はほったらかしになってしまった。
そしてどんどんきつくなるベルト。

毎月生理はあったので妊娠でもない。
というか生理の来方もおかしくて、一般的に二日目が出血がひどく、あとはだんだん少なくなるパターンだと思うけど(自分も前はそうだった)、このころは初日に最初からクライマックスな大量に血が出て、翌日からほとんど出なくなるという。

で、6月か7月に内科で下痢を相談した際に、聴診器あてるのでふくれた腹を見せたらギョッとされた。
「あっらぁぁぁぁぁ〜〜〜〜……」とか言われた。
これはうちじゃなくて婦人科だ、もしかしたらその場で手術言い渡されるかもしれないから入院の用意していく方が良いんじゃないか、おそらく大きさから開腹手術になるし、そうなると小さい病院じゃなくて麻酔科とかもあるちゃんとしたところがいい。
という話で、成城のS病院を紹介された。
(※銀雨つながりで知ってる人は突っ込むと思うけど、うちのPCの元ネタではないんですよ。)

S病院。
もう一目見てそっちの先生も絶句するレベル。
「かなり、大きいですね……」と。
切らないわけにはいかないでしょうと。
閉経まで、生理があるごとに筋腫というのは大きくなってゆくものらしい。
だから、小さい物なんかはそのまま、あるいは薬を使いながら様子を見て、ということができるけど、
20cmじゃ無理だよな!\(^o^)/

まずMRIとった。
CTでないのは、私がぜんそく持ちのため。
造影剤なしのCTスキャンはいいけど、造影剤アリの場合、ぜんそく持ちの人間は副作用を起こす可能性が大きいのだそうだ。この時はそういう説明はされなかった。
MRIも初体験。
15分くらいかかるので何かCDを持ってきてくださいと言われ、家で選定をする。
S.S.T.BANDなんか持ってった日には検査中に拳突き上げちゃいそーだし
(余談ですがSSTは現在「(ほぼS.S.T.BANDこと)BlindSpot」として活動中です。
参考までに並木さんのブログを。)
http://sound.txt-nifty.com/namiki/2012/11/post-84d1.html

はい閑話休題。
それで結局無限回廊・光と影の箱のCDを持っていきました。なんとCD一つで一曲、75分フルに使ったぜっていう代物。ギネス認定されたそうです(世界で一番長いゲーム曲)。
弦楽四重奏曲なので、胎教にもオススメよ!

持ってったはいいんですが、実際MRIってうっせーーーーーーーーーの。
でかい筒に入って息止めたりするんですけど、その間えんえんガコンガコン!ビーーーー!とかノイズ鳴りっぱ。
音楽意味ねえ。
ヘッドホンあるんだけど、MRIなので金属類は検査室に持ち込めなくて、耳当て部分だけの、むしろそれイヤホン使った方が良いだろう的な。

そしてMRIの結果、前述の詳細なサイズが判明、あと画像の肉塊の上半分が白くなってた。
それは白くなってる部分が何らかの変質を起こしているとのことで、
大きくなりすぎてしまって、栄養が行き届かなくなって、壊死みたいになっているのかもと。
そこんとこは実際開いてみないとわかりませんと。

ちなみにMRIの所見が英語で記入してあったんですが、しょっぱなに
「There is a huge なんちゃらかんちゃら and...」とか書いてあって、あーなんちゃらかんちゃらっていうのが筋腫の英語なのねと思いつつ

 H U G E ってなんだよ!




ダライアスかよ!!


つづく。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
今年のアレ(全力でグロと下ネタ注意) ニューラ@無限のファンタジア/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる