ニューラ@無限のファンタジア

アクセスカウンタ

zoom RSS シルバーレイン・ラストバトン 後編

<<   作成日時 : 2013/01/06 22:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【自己紹介をもう少し(アンオフィなところを…)】
46 出身地は?
 「東京です。成城で代々医者やってる家系なんです。たぶん、世界結界が出来るよりも前から。」

47 (ステシの)「生まれ」は何ですか?
生まれ:「運命の人」に出会えない苛立ちから、終わりの無い暴力と背徳の日々を過ごしていた

48 それに対して補足があればどうぞ。
「生まれつき体が弱くて、幸いというか医者の家なもので、もうずっと家にいるより病院で暮らす方が長かったんですね。
くわえて父と祖父とか、父と母とか、母の兄弟とか、いろいろ親類筋でのもめ事もありまして、私見捨てられてて。
そのもめ事の一端で、10歳ぐらいの時に病院から連れ出されたんですけど、そのまま帰れなくなって、悪い人たちのお世話になることになりました。……何してたかは、言えません」

49 (ステシの)「入学理由」はなんですか?
「一目ぼれした相手が銀誓館学園の生徒だった」

50 それに対して補足があればどうぞ。
「一目ぼれの相手は前述の、前世で恋人同士だった人。
病院で生かされてるだけの私に、生きる理由なんてなかったんです。
でも、何回も同じ夢を見るようになって、だんだん、私はこの人に逢わなくちゃいけないって、それまでは生きてないといけないって。」

51 家族構成は?
「父、母、弟。親族は、たくさん」

52 現在の家族との関係等を詳しく。
「私は別の世界に行っちゃってますから、もう関係はないかなあ……もとからあのひとたちと運命の糸がつながっていたかどうかでさえ、今となっては定かではありませんから」

53 学園時代はどこから通っていましたか?(実家・寮・一人暮らし等)
結社「メディシンルーム」がビルの2階なんですけど、その上の5階に住んでました。
一人暮らしで、あとから弟が学校に来たので二人暮らしになりました。
またあの子はすぐ散らかすもんだから、ただでさえ私片づけ得意じゃないのに、すっごい大変だったんですよー!」

54 今はどのように暮らしていますか?(実家・寮・一人暮らし等)
「新しい家族と。」

55 血液型は?
 「A型のRh+です。」

56 利き手は?
 「右ですねー」

57 好きな言葉は?
 「無用の用」

58 座右の銘はなんですか?
「高い山の方が景色がいい」

59 イメージカラーは?
「深緑、かなあ……あと白?」

60 イメージソング・BGMがあれば詳しく。
葛生千夏の「The Lady of Shalott」でしたが今は違うなあ。
ラストバトル直後はS.S.T.BANDのテトラワグテイルだった。

61 イメージ花はありますか?
 「苧環の花。あの、誕生日の花なんです。
勝利の誓い、って花言葉ですけど、勝利、っていうより、負けたくないなって。
運命とかに。」

62 あなたの幸運度を実際の幸運度とは関係なく、印象もしくは設定上で答えてください。(0〜100を基準で)
「いまは100。……もっと多くてもいいくらい」





【今こそ言おう、実は…】
63 結局出せなかった裏設定とかあったら教えてください。

丹羽を病院から連れ出した若い叔父が、ばれて粛清され、フランケンシュタインにされて銀誓館のプールの下に納品されている。
丹羽はそれを知っているのでアンデッド系を遣うのを怖がっている。
白銀山の一族はかつて「屍山(シカバネヤマ)」とも呼ばれていた、アンデッド兵を生産する一族。
死体をアンデッドにするより生きてる人間をアンデッドにしたほうがイキが良くていいんじゃね?
という研究の過程で生まれたゾンビパウダー(仮称)が存在し、丹羽は叔父の誘拐がなければ
病院でアンデッドにされてどこかに納品されていた。
アンデッドにされなくてもそもそももう長くない(半年持たない)と思われていたので、ある意味親心。
本人にも言い含めて了承済み。
叔父は叔父で野心があり、頭脳も優れていたので新型のゾンビパウダーを自分で作り出しており、
丹羽で試して成功したら丹羽を可愛がっていた当主=丹羽の祖父の歓心を買える、という予定が
途中で丹羽が行方不明になってしまったため逆に粛清されることに。

アンオフィ痛設定ひゃっほーう

64 実はこんな過去がありました、を教えてください。

さて叔父の車に乗せられて脱出した丹羽さんですが、逃避行の途中叔父が車を離れたすきに車上荒らしが。
しかも鍵つけっぱだったのでそのまま乗り逃げされました。
後部座席で寝ていた丹羽さんに気付いた車上荒らしですが、さすがに誘拐罪まで負いたくないので
家に帰すから!盗んだものも返すから!と丹羽さんに言いましたが
丹羽さんは丹羽さんでせっかく病院から出られたので、
こうなったらせめて「夢のあの人」を探してから死にたいと思い、なんでもするから戻さないでと号泣。
困った車上荒らしはグループに彼女を連れ帰り、
なんでもするから、と言った言葉通りに何でもさせられることになりました。
ところで丹羽さんと一緒に車にあった新型ゾンビパウダーは特に病気でもない人が使うと麻薬(省略されました。

数年後、おばあちゃん(祖父の三番目の妻。丹羽の母が祖父の二番目の妻の連れ子)に救出された丹羽さんはそのままおばあちゃんの郊外の家で暮らすことになりました。
そのころには例の新型ゾンビパウダーのおかげで丹羽の体も普通の生活ができるレベルまでもちなおしていたのですが、すでに試作品である薬は底をつき、開発者である叔父は行方不明(粛清された事実を知ったのは銀誓館に入った後のことです)。
いつかまた管につながれまくりの寝たきり生活に戻ってしまうのではないかという不安を抱えつつも、おばあちゃんのスパルタ教育のおかげで都立高校に入学。はじめての普通の学校生活。視力はガタ落ちしたのでこのころから眼鏡をかけるようになります。
しかしその数か月後、おばあちゃんはだんだん弱ってきました。

「そういえばあれも夏のことだったな……」

おばあちゃんが死んだら、私どうなるんだろう。
どうしたらいいんだろう。
普通の生活が普通じゃなくなるのは、なんてたやすいんだろう。
わたしは、なんて無力なんだろう。

そんなことを考えながら、駅で電車を待っているとき、線路の向こうのホームに、あの人がいた。
一目見ただけで探してた人だと分かった。
走って、追いかけて、電車に飛び乗って。
声をかけることもできず、ただ見つめるだけで。
同じ空気を吸えるだけでうれしくて、ドキドキした。
知らない駅であの人が下りた。私も電車を降りる。
あわてて清算して改札を出て、ストーカーみたいに後をつけて、そうしてあの人が入って行ったのは大きな学校だった。
『銀誓館学園』という場所だった。

「おばあちゃん、丹羽ね、好きな人が出来たんだよ」
「そう。……がんばんなさいね」

おばあちゃんは一週間後に亡くなった。
御仏壇に供えた庭の菜園のトマト。赤い一つを貰って口に運ぶ。とってもとっても、甘かった。


65 学園生活を振り返って、一番意外だった!という出来事は?
グッドエンディングだった

66 こんなはずじゃなかった!ということは?
嫁に行く先が(ry

67 こんな感情が欲しかった!をいくつでもどうぞ。
割とこれあった方が良いなあというのをお問い合わせに投げたらぽっとできたりしてたので、困ってはいなかったような

68 それは誰に付けたかったのですか?


69 イラストやリプレイの投票項目にこれが欲しかった!をいくつでも。
これもあまり使って無くって……

70 時効なので言っちゃおう。「やっちゃった!」という失敗や恥等、申告できるならどうぞ。
白紙プレとかもやらずに済んだし、記憶力なさすぎなので思いつかないです。

71 心残りがあれば、叫んでおいてください。
「いろいろすみません、ありがとうございましたーーーーー!」





【色々あったあの人達】(具体的に名前を挙げずにぼかして答えるのも可)
72 学園に来て初めて交わした言葉は、誰と、どんなものだったか覚えてますか?
「たぶんフラ嫁結社でご挨拶したので、結社長のリーゼルさんだったんじゃないかと。」

73 感情活性化を固定していた人は?
「最初は先輩。あと弟。
豊さんが結社に来てからは、豊さん。」

74 ゴーストタウンに行く時、いつも一緒だったメンバーは?
「弟。」

75 この人がいなければ今のわたしはなかった、という人は?
「豊さん。」

76 依頼で一緒になった気になる人は?
「……あまり依頼はいっていなくて。」

77 実は気になっていたNPCは?
「佐藤・翔太(符術士・bn0121)さん。なんとなく、ですけど」

78 今だから言える、交流薄かったけど気になっていた人。
「豊さんの知り合いの人かな、一度GTに連れ出してもらったんだけど、……亡くなった叔父に雰囲気が似てて。」

79 秘かにこの人にこんな感情を深層でつけていました。
「表に出したのを順次格納していく感じだから、秘かっていうのはあんまりないかも」

80 大好きです!な人に告白してください。
「一生大事にします。……一緒にいるときに『オレより幸せなヤツは爆発しろ』なんて言ったら私が真っ先に爆発しちゃうから、言っちゃダメだからねv」 

81 今だから言えるこの人に「ありがとう」。
いやもう各方面にありがとう大会するしか。

82 今だから言えるこの人に「ごめんなさい」。
先輩の中の人がいまだにこの事態に気が付いていないと思われる。
ラストバトルの時ですら隣にいたんだがPSO2やってた。

ちなみに無限でうちの子が死んだときも私が言うまで気が付いてなかった。

なんかもうこのまま言わない方が良いような気がしている。



【これからのこと】
83 今後の進路・就職は?
「農家手伝い一本で行くつもりだったんだけど、お正月やった後に、これから子供たちが繁栄していくんだったら、医療技術もあった方が良いのかなって。
出る前には医者になろうと思って勉強していたので、独学ですけど勉強を再開しようと思います。
子供たちは、ここは世界結界もないし、生まれつき能力者ではあるんだろうけど、
病気って今はアビリティじゃ直せないものだし、そういう技術、あってもいいんじゃないかなって」

84 これから取得する予定、もしくは取得したい資格・免許はありますか。
「……こっちにいると、資格とか、取りようがないっていうか」

85 今後チェンジする予定のジョブはありますか?(最近発見されたものも含めて)
「色々やってみたくて。
予定とまでは言えませんが。」

86 今後大切にしていきたい言葉はありますか。自分で考えたもの、人に言われたもの、なんでもいいです。
「”愛する人には一秒でも長く生きていて欲しいからに決まってるだろ。言わせんな恥ずかしい。”」(イイ笑顔)

87 その理由やエピソードがあったらどうぞ。
「その言葉はブレーキにはならなかったの、結果的に。
でもその言葉はアクセルになったの。
光の差す方へ。
生きるほうへ。
わたしね、あの言葉を聞いたときに、
”あ、わたし、生きててもいいんだ”
って、やっと思えたんだ」

88 銀誓館学園に入学していなかったら、どのような人生を歩んでいたと思いますか?
「人生、っていうか。……生きていなかったと思う」

89 その後の友達付き合いはどうなっているでしょう?
「一からお友達作らなきゃいけないから、ちょっと大変ですけど。
でも、もともと社交的なたちではないし、少しがんばらないと本当に引きこもっちゃいそうで。
ご近所さん、っていっても、距離がありますし」

90 その後の恋愛方面では何かあるでしょうか?
「恋愛はないですねー。うふふ。
あ、惚れ直す、っていうのはあるかも?」

91 結婚はいくつくらいで、どんな人としそうですか?
 「こないだのお正月の時点で、もうしてます♪指輪は貰ってませんけど」

92 十年後、どんな人生を歩んでいると思いますか?
「お正月時点で数年後だったんですよね。……赤ちゃん欲しいなあ(ぽっ)」

93 現在の自分に改めて称号を付けるとしたら、なんとつけますか?
「うちゅうでいちばんのしあわせもの、って読み仮名振りたい」

【最後に】
94 一言で言って、あなたにとって銀誓館学園とはどんな所でしたか。
 (↑館が抜けてたから補完しました)
一言で言えない場所。

95 あなたの学園生活を漢字一字で表してください。
「戦」

96 それを選んだ理由は?
「戦争とかもたくさんあったけど、たぶん自分自身とか、運命とか、そういうのに流されないように
戦えたと思って。
それは自分だけの力じゃなくて、きっと一人だったら負けてて、いろんな人が、
後押ししたり、導いてくれたり、手を引いてくれたり、そういうののおかげだから。
何も重荷を抱えてない人なんて、あの学校にはいないと思う。
それは能力者も一般人もおなじ。
だから、私もあの場所で誰かの役に立てたのだったら、すっごくうれしい」

97 今、自分が誇れるものはなんですか?
「家族との絆をもってなかった私が、今その絆を手に入れることができたって、
死ぬほど……ううん、生きるほど嬉しい」

98 そんな「死と隣り合わせの青春」を過ごしていた自分に一言。
「お疲れ様、生き抜いてくれてありがとう」

99 あなた個人のシルバーレインのラストシーンを簡単に表現してください(小説風、短文、箇条書き、こんなイメージ、等、書き方はどんなものでも良いです)。

「ラストシーンはまだまだ先みたい。
いつか地上に命が満ち溢れる時、槍の子らが地に降り立つことがあるでしょうね。
その時、神の子の生誕や、仏様に授かった子供や、そんな伝説がうまれるのかも。」


上を見て星が見えると、そのどこかの向こうに彼女がいるんだなあと思う。
PLが死んでしまうとPCは動けなくなるものだが、もう彼女は自由なんだ。


100 今までの想いを一言伝えつつ、お友達3人に回してください。
  ※あとは、これを見て気になったと言う方は、
   出典元(=作成者)を明記して下さるならば幾らでも持って帰って下さいませっ。

回すのはやりませんが、拾うのはお好きにどぞー。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
シルバーレイン・ラストバトン 後編 ニューラ@無限のファンタジア/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる