ニューラ@無限のファンタジア

アクセスカウンタ

zoom RSS (苦笑。

<<   作成日時 : 2006/08/14 22:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

「苦笑」って言うのは不快な笑い方なんだそうな。
人を馬鹿にした笑いなのだから使うな、と仰る方もあるようです。

とりあえず辞書を引いてみました。
(私が使用したのはビッグローブのものですが、内容はgoo辞書と同じですね)

(国語)くしょう ―せう0【苦笑】 (三省堂「大辞林 第二版」より)
(名)スル
〔「苦笑(にがわらい)」を音読してできた語〕心中の不快や動揺などをまぎらす笑い。
「―をもらす」「痛い所をつかれて―する」


ちなみに「苦笑い」では。

(国語)にがわらい ―わらひ3【苦笑い】 (三省堂「大辞林 第二版」より)
(名)スル
にがにがしく感じながらも怒ることもできず、笑いに紛らすこと。また、その笑い。苦笑(くしよう)。
「息子に意見されて―する」


これがYahooの辞書だと

く‐しょう〔‐セウ〕【苦笑】


[名](スル)他人または自分の行動やおかれた状況の愚かしさ・こっけいさに、不快感やとまどいの気持ちをもちながら、しかたなく笑うこと。にが笑い。「―をもらす」「相手の詭弁(きべん)に―する」


[ 大辞泉 提供:JapanKnowledge ]


>他人または自分の行動や
ここ大事。


「苦笑い」の方も一応。

にが‐わらい〔‐わらひ〕【苦笑い】


[名](スル)にがにがしく思いながら、しかたなく笑うこと。また、その笑い。苦笑(くしょう)。「―を浮かべる」「弱点をつかれて―する」


[ 大辞泉 提供:JapanKnowledge ]




個人的には、使っても別にいーんでね?という感じなんですが。

使用例:
・血だ!‥‥と思ったらジャムだった(苦笑。
・猫が得意げに死んだモグラを持ってきた(苦笑。
・やべ、宿題忘れた〜(苦笑。

あまり良くないっぽい使用例:
・素敵なプレゼントをありがとう(苦笑。
・今日の服、よく似合ってるね(苦笑。
・おはよう(苦笑。


こんな感じで。


私自身は「苦笑」には全然違和感を感じていないし、自分でも使いまくっているのだけど、その代わり昔に「(くしょ)」って言うの使われたときにものすごくカチンと来た事があります。
丁度チャットで、話題が死んだPCのことだったから、だったのかもしれませんが。
言葉を略すと、意味が特化するなんて話を聞いた事があります。
例えば、携帯する道具って色々有るけど、「ケータイ」って言えば普通携帯電話のことでしょ?
(笑い)(笑)は良く見かけるけど、(藁)って書くと、なんかこう、納豆っぽい感じがする(マテ。
実は(藁)はTRPGの知り合いさんとチャットした時に先方が良く使ってて、その人はファンタシースターオンラインのPLさんでもあったので、そちらのほうの通用語なのかと思ってたら、調べたら2ch語だった(苦笑。

ウィキペディアの(笑)の項目

んー、個人的な感覚でしかないんだけど、略されると「お前には全部書くのめんどくさい、お前になんかこれで十分だ」みたいなニュアンスに感じてしまったりもするのですよね。
なので、「(くしょ)」というのが、本人そのつもりでないのだろうけど、どうしても馴染めなくって、結局、しばらくの間その人が茶室に居る時は入らない、という自衛策を取らざるを得ませんでした。
服装でも真面目な席ではTシャツGパンは普通着ないと思うし、シリアスな話題で略語乱発されると、なんだかなあ、という気分になります。
それでも、今ではそうやって避けてた人と依頼の相談やアトリエの相談やりあってたりするので、世の中わからないものだなあとも思います。

で、「苦笑」。
これ、言葉自体が人を差別しているとか、そういったニュアンスは無い様に思います。
単純にTPOの問題なのではないでしょうか。
対面した相手に向かって使うとそれは不味いだろうとは思うんだけど、そうでなくて自分がやらかしたこととか、「あの人って困っちゃうよね(苦笑」みたいなのは別にいいんじゃないかなーと。


そういう、使い方の事を考えずに、ただ言葉だけを非難して「使うな」って言うのは、「包丁は人を殺せて危ないから家庭から追放しましょう」ってくらい一足飛びの論法じゃないでしょうか?
もしくは、逆に「苦笑」の使い方を知らなくて、今まで他人に対してしか「苦笑」を使った事がないために、他人が使う「苦笑」が全部自分宛に見えてしまうのかもしれませんが、そこまでお節介を焼く必要はないでしょうね、流石に(笑。

というわけで、私は(苦笑)を使ってしまうのでした(苦笑。

061003追加
参考記事:

モモカさんの記事 (「終ワリノ無イ闇と恐怖」
バドさんの記事 (「バドの独り言」
エイシスさんの記事 (「ばあさんご飯はまだカイのう」

樹木とその葉 酒の讃と苦笑 若山牧水 (青空文庫
令嬢アユ 太宰治 (青空文庫)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
(苦笑)って自嘲気味に使うコト多いですよね。
他人に対してと言うより、自分が不快な気分を紛らわす笑みだと思ったり。
それを他人にどうこう言われてもなーとか思ったり。
そう言った文字群は、今や自分の感情を表すのに使うのが当たり前な気がするので。
誰が見ても明らかに「どうよ?」って場合を除いたら、それ程神経質にならなくても、と言う気もします。
まぁ、監禁された女性が絵文字顔文字使って助けを求めて「緊迫感がない」と捜査対象にならなかったとかな事態になってくると、話は別なのですが。
戯れ言でしたm(_ _;)m
柴成
2006/08/15 11:25
コメントありがとうございますm(__)m
ネットの中のことってヒートアップしやすいのは事実なんですよねー。
車に乗ると人格変わって他の車に怒鳴ったりする人とか、いるじゃないですか。そういう感じで、ディスプレイという窓のこちら側の景色が、窓の向こう側にも続いているような気がしてしまうのかもしれません。
それは、自戒も含めてのことなんですが。

(藁)は自分ではめったに使わないのですが、例外的に、「(かわいたわら」とかはなんか好き(笑。こう、火をつけたらたちまち燃え尽きてしまいそうな、はかなげなところが(爆。

まあ、使うとムカつく人もいるって事だけ覚えておけばいいんじゃないかなーって。
で、怒られたら「ゴメン!」と言っておけば良しかと。
ニューラ
2006/08/15 12:18

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
(苦笑。 ニューラ@無限のファンタジア/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる