ニューラ@無限のファンタジア

アクセスカウンタ

zoom RSS 【六道】修羅道、再び

<<   作成日時 : 2006/12/24 01:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

大分時間が過ぎてしまいましたが。

【六道】修羅道、再び


終わったら、イナートさんをうちの旅団にお誘いしようかと思っていました。
『宿り木』は新人勧誘もしなくて、赤紙が出ないペースでゆっくり動いている旅団なので、居ても余り面白くないんじゃないかとか、イナートさんの芸風的にもっと派手な場所の方が向いているんだろうなとか思いつつ、イナートさんはずっと旅団に所属していないままで、幸運度も不幸のままで。
ずっと、そのうち他の旅団からお誘いが来るんじゃないかと楽観視しつつ見送っていました。
‥‥もう、イナートさんの幸運度が回復することって無いんだなあと。
もっと早くにお誘いしていたら、運命は少しでも変わったのだろうか、とか。

前回、修羅道で倒せなかったモンスター2体を討伐するリベンジシナリオ。


・事前準備
事前準備は不可を明言しているますたさんもいらっしゃいますが、この依頼でも接敵直後に、予め使用した援護アビリティは効果切れ。

>そして、街道を左右に分かれた2人を除き、僅かな時間差を『街道から離れる』ことでなく『準備』に充てた15人の前に、黄金の巨人と雷を纏う四足の獣が、ついに姿を現したのだった。

運命の分かれ道、その一。

迂闊にも相談のログを取っていなかったので、接敵場所をどこに設定するのかの話し合いがどうなったのか覚えておらず。
街道に到着後、モンスター側に移動する話もあったような気がするのですが、少なくとも私はそこまでプレには書かなかったですし。
なので、「街道を背に」というレベル、「僅かでも下がればすぐに街道。」という位置取りとなったようです。

・雷
5人が攻撃を受け、鎧聖降臨を使おうとしていた二人、防御体制をとった一人は麻痺。
私と牙狩人さんが「予め備えていたが為に今回は運よくマヒもせず無傷。」
基本的に素早さに長けた相手だったので、こういう判定になったのかと思います。

・僅かな綻び
今回は前回と違って回復はサポートを沢山呼んでいて十分。
前回と違うのは、二体を引き離す方策が不十分であったこと。
>囮となって巨人を引き離そうと試みるも、前衛の面々にその意思が伝えられず、思うようにはいかない。
相談不足が露呈した形ですOTL

・バッドラック‥‥効果○
 不幸を与える効果な訳なのですが、巨人の方はもともとバッドステータスから回復しづらい傾向にあったようで、バッドラックの不幸効果も継続しています。(バッドラック自体もバッドステータスなので、幸運度チェック(回復アビによるもの含む)で通常に戻ると思うのですが、その判定自体に影響を及ぼすアビなので、回復しづらいのは確か。

・部位狙い‥‥×
  普通の攻撃によって、偶然右腕に命中する可能性は、『命中率80%×右腕に当たる確率10%』=8%です。また、右腕以外に命中してダメージを与える可能性は72%です。攻撃が失敗する確率は20%しかありません。
 それに比べて、右腕を狙って攻撃した場合は、狙い通り右腕に命中する可能性は『命中率40%×右腕に当たる確率50%』=20%ですが、右腕以外に命中する可能性は20%しか無く、60%の確率で攻撃が失敗してしまいます。
 よほどのことがない限り、部位を狙った攻撃は『効率の悪い攻撃』と言えるでしょう。

図書館 戦いの手引き ■部位を狙った攻撃 より

>刃によって雷獣は消沈から脱し
これはちょっとよくわからなかったのでした。
「雷を迸らせた」という描写がその前にあるので、電刃衝か電刃居合い斬りだと思います。
アビリティ用語解説だと、眠りでは1ダメージでも当たった時点で解除されたり、制限つきのアビなら効果が上書きまたは強い方を優先というのがあるのですが。

・無風の構え
>この時僅かに一矢報いたのはニューラが備えていた無風の構え。雷は獣に返り、マヒこそしないものの幾許かの傷を負わせていた。
プレイングではダメージ重い人が居たらそちらを庇うように書いていました。
で、あとで知ったのですが、無風の構え、庇ったら効果でないんですねOTL
といいますのは、無風は「防御が成功(攻撃<防御)」した時に効果を発揮するので、「庇う」だと、「自動ガード(攻撃=防御)」になるので、ダメージの跳ね返しは起きないと。(アビリティの説明読む限りでは、ダメージ以外の効果の跳ね返しはないのですね)

一応知人に「鎧聖降臨を使えば、庇うで自動ガード→鎧聖降臨の効果でパーフェクトガード(Pガード・鎧強度が10倍になる)が発生するので、ほとんどダメージを無効化できる(同時にバッドステータスも無効化できる)」ともアドバイスを頂いていたのですが、周りに術士さんの配置がなかったりとかで。
弱いものから狙ってくる、という相手の特徴があって、顔にレベルが書いてあるわけでもないし、術士さん(自分も含めて)が優先的に狙われるんじゃないかと思ってました。結局は巨人と獣を一度に相手にする事になってしまったのですが。

なので、鎧聖降臨ではなく無風の構えを持っていくことを選択したわけです。
運命の分かれ道、その2。

先に倒れたのは巨人。
決め手はソニックウェーブ。鎧無視のダメージがきっちり効いたようです。

獣の方はそれからまだしばらくかかります。
三回に一回、不幸を伴う雷撃の隙を縫っての攻撃でしたから、その分長引いてしまったこと、長期化によりアビリティ(回復の)が尽きかけてしまったり。
それでも倒すことは倒せたのですが、

>―――しかし、時は既に遅し。倒れた後も雷に撃たれ、既にイナートの胸は僅かな上下運動すらも見せなかった。


イナートさんを、獣の攻撃範囲内から運び出せたかといえば、微妙。
結局その間、回復なり攻撃なりの手が減るわけです。
命の抱擁だって同じ理由で本人に拒まれてますから。命の抱擁にかかる時間は10分間。
たった10分です。
でも、それは冒険者にとって一戦闘分に等しい時間‥‥



仲間を見殺しにするのは恥ずかしいことだと己の口で言っておきながら、やってることは見殺しにしたに等しい。
何やってるんだろうね、私。
イナートさんに庇われた経験があったから、迂闊な事をすればこの人は誰かを庇って、下手をすると命を落とすかもしれないって、わかっていたのに。
だから前の依頼では彼に単独行動させたくなくて、それが結局失敗に結びついてしまって。
今回はイナートさんの命と依頼の成功を天秤にかけて、私は依頼を取ってしまったんだと思う。

フォーナの日。
生きていたら、いつもどおりナンパしたりデートしてたりしたんでしょうね、色男は。

謝って済むことじゃない。

冒険者としては、立ち止まることじゃなくて前に進むことが死者に対する礼であり答えなのだとも思う。

だけども。

‥‥ごめんなさい。



<プレイング内容>
今回もとにかく現場に急行ですね。
私はアビの都合で軽装徹底できていませんから、全力で行く位で丁度他の方と同じ頃到着できるでしょう。
着いたらガマレイさん達に一般人避難と道路封鎖をお願いします。
特にイナートさんには万一の時命の抱擁をお願いしないといけませんし、くれぐれも無理はしないで、と。
あなたの恋人にはなれないけど、仲間を見殺しにするようじゃ、私、好きな人に顔向けできません。

戦場は街道を背に、敵に立ちはだかるように。
私は獣側で凱歌要員。ユキノジョウさん達の後方に位置取り、自分は先ず黒炎覚醒を使い、それからユキノジョウさんに鎧聖降臨をお願いします。
3度毎の獣の隙を見計らい、同じタイミングで無風の構えを使い、雷攻撃時には防御と回復に専念。
ただし、そのタイミングで負傷者が居るなら回復を優先。
麻痺で動けなくても防御は可能ですし、上手く跳ね返せれば向こうに傷も付けられますものね。なので、跳ね返しを狙ってダメージが重い人を庇いながら回復。
ただじっと時を待つより、出来ることをしたいんです。
こちらに攻撃が向いた際には黒炎の通常攻撃で反撃します。
私、そんなに可愛い女じゃないもの。

負傷の他、麻痺の回復もしないといけませんから、回復の際の位置取りはなるべく沢山の仲間が範囲内になる様気をつけて。
相手が強いので、アビの出し惜しみは無し。

退却タイミングは他の方に合わせます。一般人避難優先、重傷者を次に重視。

<アビリティ>
 無風の構え奥義
 高らかな凱歌奥義
 高らかな凱歌奥義
 黒炎覚醒改


<装備品>
 夢見のパンジャ
 死キルボアール
 青琥珀の薔薇徽章
 遠眼鏡
 タリスマン
 リベンティーナ護衛士証【虹の海鳥の止め具】
 紫の静香花

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【六道】修羅道、再び ニューラ@無限のファンタジア/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる