ニューラ@無限のファンタジア

アクセスカウンタ

zoom RSS 母の日のレポート・遊園地のヒーローショー

<<   作成日時 : 2007/05/15 15:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

(このきじには、よいこのみなさんのゆめをこわすきじゅつがふくまれています。
よいこのみなさんは、よまないようにしましょう。)



13日の日曜日は母の日だったわけですが、皆様いかがお過ごしになられましたでしょうか。
私はですね、家族サービスでよみうりランドに行ってまいりました。
というか妹が仮面ライダー電王のヒーローショーの情報を集めてて、よみうりらんどのショーはなかなか良いと聞きつけたらしく。
‥‥それと母の日とどういう関連があるのだろうか。いや、ない。

絶賛情報難民生活中のあちしのことですから電王も見ておりません。
まあでも特撮は好きだからー♪
ぐらいの気安さでお付き合いすることに。
11時からと2時からのショーがあるらしく、それではゆっくり目に行って2時のショーを見ようと。
ちんたらマックで昼食食べたりなどしながら現地着、1時前。
10分後ぐらいにアシカショーをやるというのでまずはそこに行くことにしました。
以前は水族館とか水中バレエシアターなんかもあったんですけど、畳んじゃったんですよね。
水族館はそれほど大きくは無かったものの、シーラカンスの標本とかリュウグウノツカイの標本とかがあったような。
動物園もそうですけど、差別化を図っていかないとなかなか生き残れないご時世なのでしょうか。

アシカショーでは先着300名様にカーネーション一輪プレゼントという粋なことをやっていました。
しっかり貰ってきましたとも(笑。
サンシャインや品川アクアスタジアムのショーなんかでは舞台は床だけなんですが、ここのショーは床とプールで構成されています。
最初に登場したのは小柄な女の子のアシカさん‥‥ごめんなさいお名前今回全部忘れました(汗。サイト見る限りでは「メグ」ちゃんだったと思います。
こんにちわーと頭を下げてご挨拶したりの定番のあと、3色の輪投げの輪をばら撒いた中から特定の一色だけを集める、というのを披露してくれました。
2番手は一回り大きなオスのアシカ君(ゴンタ君)。彼は歌手志望だそうで、
「母の日ということで、それに因みましてこの曲をお送りいたします。皆様の胸に届きますでしょうか‥‥『かえるの歌』」

‥‥因んでないやん(´・ω・`)。

ちなみに内容はお姉さんとの合唱でして。
お姉さん「♪かーえーるーのーうーたー」
アシカ「がぁーーーーーーーー!!(吠)」

‥‥それは歌か?(´=ω=`)

色んな意味で胸を打たれました。

三番手はさらにサイズアップしたアシカ‥‥というかむしろ小柄なトドではないですか?という感じの。ベン君ですか。
ステージ開演前に子どもで輪投げをやりたい子には厳正かつ適当な抽選のもとに、お姉さんが輪を配ってありまして、それ持ってる子はステージ近くの台からプールから顔を出してる大アシカに投げて輪をキャッチしてもらうことが出来るのです。
一つも落とさず終了。
あとは食事の紹介で、アジやら鯖やらを次々と丸呑みしたあと、
「でも一番の大好物はこのイカなんです。はい、味わって食べてね」(←しかし丸呑み)
「‥‥ベン君、おいしかった?」
お姉さんに質問されたベン君。


ニヤリ。


笑いました。イイ笑顔です。矢部野彦麻呂とタメ張れそうです。
これ、絵葉書でも売ってたら買ったろうと思ったんですが、後で売店見てみても置いてなかったみたいでした‥‥。

そんなこんなで約30分のショー終了。なかなか楽しめました。
内容はエンターテイメントよりは学術的なこと(食性だとか、体の構造であるとか)を織り交ぜた方向のものでした。
品川アクアスタジアムはエンターテイメントに重心を傾けた内容になっていましたが、例えばあるある探検隊のパロディで「ボールを乗せたら、ケツあげる」とか、子ども連れて見に行く人にはどうよ?って感じのアナウンスが入ってたりした(前述のケツネタはもう連呼だったのでどうにかならないかと本気で思いました)ので、そういうのよりは安心して見られる、よみうりランドのものの方が家族連れ向きかなと思ったのでした。

しかし本命はまだ先なのです。
こまごましたアトラクションに入りながら(お化け屋敷行きました。本物が出るという噂があるんですね。なんかね、そのせいか、ちゃっちぃんですが妙に怖いんです(TT)私、殺人鬼と幽霊だったら幽霊の方が怖いクチなので)、時間を潰し、ヒーローショーの時間が近くなってきたので「太陽の広場」へ。

お約束のお姉さん登場です。
案の定声のトーン高いです。
こーんにーっちわぁー!です。

最初は敵のモノローグから。
数体の敵(”イマジン”)が誰が電王を倒すか勝負だ、というので、とある強盗の前に姿を現して無理やり電王を倒す契約をもぎとる(笑。(←契約がないと動けないらしい)
で、暴れて「電王でてこーい」とかやってるところに、ステージではなく大階段から電王登場。

‥‥踊りながら。

なんか、そーゆーヒーローなんですね。良くは知りませんが。
「倒すけど、いいよね?‥‥答えはきかないけど」
爽やかに敵に銃を向けてます(*ノノ)
なおかつ、指をぱちんと一回鳴らすと敵が全員で踊り始める。
もうまさにスペースチャンネル5かなにかですかという世界。

で、敵が一時撤退したあと、ヒーローが仲間割れ‥‥どうも多重人格みたいなヒーローらしくて、人格と一緒にスタイルもチェンジすると。‥‥という解釈であってるんでしょうか。
赤っぽいソードフォームがモモタロス(熱血やさぐれ系?)、さっきの「答えは聞かない」のが紫っぽいガンフォームのリュウタロス(これ、現場で聞いてる時は「ギュウタロス」って聞こえて、モモタロスは桃太郎なんだろうけど牛ってなんだ、牛魔王じゃ敵だしなあと45秒ほど考え込みました)。

で、モモとリュウが勝負して負けたら身体から出て行く、という事になり、お題が
『ダンス勝負』。
モモ、張り切ります。
「ミュージック、スタート!」
で、流れて来たのは
「もっもいろ〜のかたおも〜い♪ こいして〜る♪」
‥‥振り付けはばっちりでした。ばっちりでした。
客席から思わず「何でやねん!」とあまりにもすばらしい選曲っぷりに突っ込みいれてしまうくらいにばっちりでした。
「‥‥話にならないね。ぼくはさっきのイマジンを探してくるから、その間に練習してれば?」
とリュウちゃん退場(っても姿は見えないので声だけですが)。

酷評にがっくり来ているソードフォームに、いきなり司会のお姉さんがステージに上がって声をかけます。
「会場の皆と一緒に踊れば、きっとダンスのリズム感を取り戻せると思うの! 会場のお友達も手伝ってね!」
ナイス、強引な展開。
そして始まるダンスの手引き。
OPか何かの曲の一部らしく、モンキーダンス(8歩間)→前でシェイク(4歩間)→後ろでシェイク(4歩間)→「俺、参上」(自分を指してから決めポーズ、の流れ。
会場のお友達と一緒に踊ったあげく、やっと勘を取り戻した(らしい)ソードフォーム。
そこへリュウちゃんが戻ってきて「さっきの連中を見つけたよ」と。

何だかんだで、「より多くの敵を倒した方が勝ち」にルール変更。
敵の数は5体。
蜂っぽいのと、猿っぽいのと、鎧っぽいのと黒いもじゃっとしたのと、ウス。
‥‥ウス。どう見ても、ウス。
ときどき頭が取れそうになって押さえてたりする、ウス。頭の天辺から餅も見えている。
この組み合わせってどこかで見たよなーと考えて、蜂が刺してウスが落っこちてくるーとか、その前に栗が爆ぜて火傷させてカニがはさみで挟むんだよなーとか、要するに猿蟹合戦じゃないですか。
じゃああの鎧っぽいのがカニはまあいいとして、黒もじゃが栗か。
‥‥微妙?
どうでもいいけど蜂を倒す時に「俺様必殺技、『ハチのムサシは死んだのさ!』」とかって、お子様にゃそのネタわかんないぞと。

で、最終的に仕留めた数はソードが3体、ガンが2体。
モ「よーし俺の勝」
リ「引き分けだね」
モ「なにーっ?!ちょっと待て、俺が3体でお前が2体、どう見ても俺の勝ちだろうが!」
良太郎(本体)「‥‥もしかして、リュウタロス、数が分からないんじゃ‥‥リュウタロス、2と3は、どっちが大きい?」
リ「‥‥答えは、聞かないで」

そんなオチ。

ちなみに、その後ポラロイド撮影会とサイン会がありました。(どちらも有料)
サイン会は数が数えられないガンフォームが流暢にサインをしたためていました。猫背でしたが。
私「いや、正義のヒーローは子ども達のお手本になるように背筋ぴーんと伸ばしてなあかんやろー」
妹「‥‥見えないんだと思うよ?」
私「…………ああなるほど。」
なお、午前の部ではソードフォームがサインしてたらしいです。
コンプリートしたくて両方の舞台を見に来ている人もいたんでしょうね。

ポラの撮影会では小さいお友達でなく大きいお友達も、ちらほらどころでなくかなりお見受けしたような。
小さいお友達でも、全身電王コスプレのお坊ちゃんとかいるわけです。間違いなく親がはまってる家庭でしょうね。きっと夜寝る時はなりきりパジャマで寝てるんだ。
若いお姉ちゃんとの撮影の時は、お姉ちゃんの腰に何気なく手が行ってたのは多分仕様でしょう。
最後のお客さんも大きなお友達のひとで、本を取り出して一緒に写ってたり(そのうちの一冊は妹が持参していた特撮専門誌の電王特集号)、何かポーズに注文入れたり、3枚くらいは撮ってたみたいです。一枚800円。
趣味に情熱を傾けるって、いいですね(爽。

そしてお別れの挨拶。
これは最後まで見てた人、アタリです。
「今日はどっちが挨拶を?」
で、ガンフォームが退場変身してソードフォームに。
曲にあわせて踊りながら、〆。



その後うろうろ幾つかアトラクションで楽しんだら
「5時で終了です」のアナウンス。
‥‥早。
と思ってしまうのは都会育ちの因果なのでしょう。
慌てて乗ってなかった観覧車に乗って、そそくさと帰りましたとさ。



ちなみに。
帰りにラーメン屋によって食べて帰ったのですが、その際、
折角貰ったカーネーション忘れてきました
けふん(TT)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
。゚( ゚^∀^゚)゚。ブワッハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
ぅむ( ̄‥ ̄)、今や着ぐるみショーは
大人が楽しむアトラクションっと・・・
“〆(゜_゜*)フムフム
戦隊モノショーって、
どうしてオヤジギャグが必ず
入るのでしょうね〜。
( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
σ(・_・)、中坊の時に、
移動お化け屋敷で、友人たちと
お化けをやっている人を驚かせて、
怒られます田・・・
凸 ねこ
URL
2007/05/15 18:32
昔は子どもがわーって見入ってて、大人はそれをほほえましく眺めるって構図だったんでしょうが、今の親世代が子どもの頃ヒーローショー見ていた世代で、親子共にはまる、という感じなのかも。
ことにライダー系はイケメン俳優さんが多くて、お母さんのハート鷲掴みですしね(笑。
‥‥あちしはあまり若い人は好みではないのですけども(^^;。

お化け屋敷って、人が驚かすほうが怖いですよね……としまえんは高校の部活の先輩が本物を見たそうなんですが(女の人が立っていて、なんか様子がおかしいなと思ったら目の前でスーッと薄くなって消えたとか)。
ニューラ
2007/05/15 20:05
きじをこわすんだけど、よくわかんないよね♪
BlogPetの木天蓼丸
URL
2007/05/16 13:29
壊すなや。
ニューラ
2007/05/16 17:26
よみうりランドは昔PBMをやってた頃によく行ってましたねぇ。
今はなき某HD社のオフイベで年2回ぐらい(笑)
アゼル
2007/05/18 21:05
向ヶ丘遊園とか、今はなくなってしまった遊園地も多いわけで(少子化というのも一つの理由だと思いますが)、その中で規模を縮小しているとは言え、生き残ってるよみうりランドも恐るべしですね。
ニューラ
2007/05/19 08:26

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
母の日のレポート・遊園地のヒーローショー ニューラ@無限のファンタジア/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる