ニューラ@無限のファンタジア

アクセスカウンタ

zoom RSS 希望って何なんでしょうね

<<   作成日時 : 2007/06/04 11:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

<第4作戦:大神ザウス>

私、役に立てたんでしょうか、と問えば、どうも役に立っていない気がします(汗。
説得を選びはしましたが、休戦に応じてくれた場合としてプレイング書きましたし。
説得で字数使ったから、回復にせよ攻撃にせよ、戦闘専門でプレ書いた人より劣るのはどうしようもないのですが。

最初から説得なしで戦闘してても、神を倒してレアの向きを変えるところまでは同じだったでしょうし、動力炉を壊さなければいけないのも変わらなかったのでしょう。
説得により、少しは情報を得ることが出来たのでしょうか‥‥?
ザウス自身は何か攻撃をしてくるということはなく、攻撃は全て「最終防衛機構」からのものでした。
ザウス自身の血が我々と同じ赤い血だったということも、そこかしこで囁かれた「ザウスは神というより古代ヒト族の生き残りなのではないか」という噂に真実味を増します。

 だが、大神ザウスの告げた言葉は冷たいものだった。
『汝等は……やはり、かつてと同じ過ちを繰り返そうとする存在だ。
 世界に生きる全ての種が、1つのグリモアの元に統一される……それを為すグリモアとは、かつての繰り返しを生む、悪しき存在に他ならない』
「そんな!?」
 希望のグリモアの特性を否定され……いや、それどころか希望のグリモアこそがドラゴン化を呼ぶ存在であると言われ、冒険者達の間にざわめきが走る。



‥‥わし、言いましたのに(´・ω・`)
>楽風の・ニューラ(a00126) 2007年06月02日 12時
 列強の争いを止めることは私達には平和のスタートだけど、神には恐らくそれがドラゴン化のスタートなんです。ヒトがドラゴンになったのは、グリモアを巡って争う前でしょうから。

文字数制限なんかもあったとは言え、伝わるような言葉を使うのは難しい‥‥OTL

バベルの塔の物語がありますが、
「もともと人々は一つの言葉しか話していなかった。あるときバビロニアの人々は天に届くほどの塔を立て、名を揚げ、離れ離れにならないようにしようとした。神はそれを見て、今は塔を作るだけで済んでいるが、このまま行けばもっと酷いこともするのではないかと、それを防ぐ為に人々の言葉を混乱させ、互いの言葉を聞き分けられないようにしてしまった。ゆえに、塔は完成することなくうち捨てられた」
‥‥と、大体そんな話です。

グリモアのことも、このお話に似ている気がします。
古代ヒト族の時代は全てのグリモアが共通してヒト族のものだった。他の種族なんかいなかった。
ヒト族の中から過剰な力を求め、ドラゴンに至ったものが現れた。
神々はマインドシリーズを作り、竜を殺した。
その戦いで地上は荒廃して、神は天へ移住した(帰った、なのかも)。
唯一ザウス神のみは地上に留まり、ヒトとは系譜を異にする、「トロウル」という種族を作り出した。
荒んだ地上では生き残ったヒトの末裔たちがグリモアを巡って争い始め、その過程で種族は分化して行った。
ストライダー、エルフ、リザードマン、ドリアッド、セイレーン‥‥。
ワイルドファイアの方まで関係あるのかは良くわかりませんが。
今回のリプレイでもザウス神は「ランドアースの創生神」となっていますから、もしかすると他の大陸には別の神様が居たり‥‥??

まあそんな感じで、せっかくばらばらになって力の集中が防げていたのに、希望のグリモアのせいでまた統一しそうになってる。
そりゃ神さんも危惧するというものです。もう居ませんけど。
いなみに希望のグリモアについては、どうもザウス神は知らなかったようなのですよね。どういうことなんでしょう?

そして、まだ統一が叶っていないにも拘らず、カダスフィアフォートで竜に関わってそうな異変が起きたわけで、どういうことなのだか。

雑記(2007/06/04更新)
 終わったのか?

 ああ。
 だが、これからだ。


 希望ってなんだ?

 今、残ってるその気持ちが、きっとそう。

BOSSますたの雑記より。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
一先ず、お帰りなさいませ。
またお会いできた事を幸いに思います。

ほんのりと、ですが、
希望のグリモアの『希望』は我々人間の持つ希望でなく、
去りし神々の『希望』を表したものでは、と思いました。
名も無き神はグリモアを統一できる「希望のグリモア」を人間に残し、竜に至らないかどうかを試している。。。
人々を愛するが故に、愛する者達を信じて……

希望のグリモアを頂く我々が、名も無き神の『希望』

……少し、感傷的過ぎましたか(苦笑)
シーアス
2007/06/04 22:07
戻ってこられたのは支えてくださった沢山の方、そして先に逝ってしまった方々のお陰です。
ただ只管に、感謝を。

意地悪な見方をすれば、もしそのザウスに離反した神が希望のグリモアを神にとっての「希望」として残したのなら、それがドラゴン化を招こうとそうでなかろうと好都合かもしれません。
地上の人類がドラゴン化しなければ自分の正しさを主張できますし、ドラゴンが現れればザウスは少なくとも滅ぼせるでしょう。今回は現れる前にザウスが滅びましたが。
ザウスがああだったので、他の神がその程度に腹黒くても、もはや全然驚きません(笑。

もし希望というなら、地上に戻る為の希望とかなら分かるんですけど。
神去りの理由「荒廃」が具体的にどういう状態かわかりませんし。
ニューラ
2007/06/04 22:16

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
希望って何なんでしょうね ニューラ@無限のファンタジア/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる