ニューラ@無限のファンタジア

アクセスカウンタ

zoom RSS 愛染ますたの雑記、転載。

<<   作成日時 : 2007/09/30 15:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

■雑記らしい雑記(09/29更新)

 ピエトーソとトラヴィアータ2本のシリーズには愛染らしい世界観を詰め込んでみました。
 皆様が愛染のシナリオの魅力であると考えてくださっているのは、非登録NPCたちと関わる上での難易度が高いことだと考えています。
 愛染が依頼に登場させる一般人NPCたちは、隠し事もしますし嘘も吐きます。最初から冒険者に心を許している者、関わりたくないと思っている者、様々です。幾ら尊敬している冒険者が相手でも、出会いがしらに自分の心情を滔々と語ることなどは滅多にありません。
 どのような依頼形式であれば、この特徴を生かしたまま冒険者が動き易くなるのか、シリーズを通して考えてみました。終わりを早めに用意したのは、愛染がその長さでのシリーズ展開を目指しているためです。
 ピエトーソとトラヴィアータは、双方酷く似ていながら正反対の性質を多く持っています。OPでの情報は必要最低限に限られ、どろどろした恋愛が絡んでいますが、「最初から登場人物が限られているもの(犯人も登場済)」「登場人物は幾らでも増やせるもの(犯人も未登場)」ですとか、「依頼の成功は最低ラインで問題無く、重要なのは他の行動であるもの」「依頼を依頼としてベストにこなしていけば物語が進むもの」などです。
 NPCたちが魅力を失わず、かつ依頼形式と言う方面から冒険者皆様をフォロー出来る作りのシナリオを目指したいな、と今も頭を悩ませています。このシリーズ2本を見比べて、次のシリーズを考えてみる予定です。
 ついでに言えば、愛染は、登録NPCの中で一番優しいのはティアレスだと思っています。彼と関わっている方は御存知かと思いますが、彼は不愉快さを隠しませんし、大抵の場合は理由まで話します。それは相手と楽しく付き合いたいが上の思いからですし、苦言を呈すわりに余程のことでなければ根に持ちません。と言うか、愛染のNPCで根に持つのはベアトリーチェくらいです。(笑)
 ただ、ティアレスのように気難しい男と付き合うのは、非常にしんどいことだとも思います。ちなみにフラジィルは気軽に付き合えるという意味では愛染も太鼓判を押せるNPCです。

 余談ながら少々。
 まずひとつ。
 OPにあるNPCの発言が個人へ宛てた私信であることはありません。皆様に呼びかける形を取っていることは多々ありますし、「一緒に行こう!」と言うイベントシナリオなどの誘いが冒険者様御自身に向けられたものと取って頂くことに何の問題も無いのですが(実際にその通りですし)、発言は「皆様」へ向けたものです。どうか御理解くださいませ。
 もうひとつ。
 最近は殆ど無いからこそ書くのですが、NPCに対する確定ロールは充分に御配慮くださいませ。確定ロールを嫌がるNPC、余り嫌がらないNPC、OPから察せられる該当NPCの機嫌(冗談が通じる状態か)、お互いの親しさ、確定ロールの程度など見極めて頂ければ問題ないかと思いますが、どうぞ宜しくお願い致します。
 確定ロールが認められない場合にはNPCの拒否と言う形でマスタリングさせて頂きますが、NPCの心には「嫌なことを無理強いされそうになった」と言う傷となって残る場合も御座います。


--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--


 確定ロールに関して少々追記。
 具体的に何が辛いかと言えば、誘い受け的と言いますか、「そのNPCが取らないだろう行動を前提にプレイングを掛ける」ことです。
 例えば、「自分は重傷である→だからロザリーは心配して泣いてしまう→そこを慰める」と言うプレイングが来た場合、違う意味で泣きたくなることは察して頂きたいです。特にプレイングが「NPCの行動を確定した後のリアクション(上記の場合、「慰める」に当たる行動)」で埋められていた場合、描写出来る箇所が殆ど無くなってしまいます。
 また、前述した誘い受け的なプレイングとしては、「ティアレスの傍を通ったときに転んでしまう」のようなものなど頂くと愛染も大変に心苦しいです。まず助け起こすような男では無いことを御理解くださいませ。特にそのタイミングで転ぶことに理由が無いのであれば尚更、NPC視点からは「余程注意が足りないのか、それとも自分の気を惹くためにわざと転んだのか」と言う余り良くない印象ばかり見えてしまいます。フラジィルであれば特に何も考えず助け起こしますので、誘いたいときは彼女のところに行ってくださると嬉しいです。
 また、「ひたすら哀しんで泣きじゃくる」と言うプレイングでNPCからのアクションを期待する場合には純粋な親しさが関わってきます。普通は邪魔しないように近付きませんが、NPCが世話焼きであり相手への好意が強い場合には動くかもしれません。
 この際に辛いのは「ティアレスに見える位置で泣く」などNPCが困惑してしまう行動です。勿論、「誰にも見つからない位置で泣く」場合はティアレスも見つけようも無いのですが、敢えて見つかろうとしているようであれば彼は思わず遠慮してしまいます。そういうあざとさを好むのはエテルノ辺りですので、彼のところでやって頂けると嬉しいです。
 それくらいであれば素直に「ティアレスのところで泣く」として頂いた方が、ティアレスは(その行動に好意を持つかは兎も角)受け入れやすいと思います。此処まで読んで頂ければ御理解頂けるかと思いますが、確定ロールや誘い受け的なプレイングが殆ど通用しないのは自称美形と霊査士です。
 ロザリーは現在とても流動的な状態ですが、彼女は元々とてもドライな人間です。「傍に居るだけでいい」と言われても、「傍に居られるだけなら私は不快だ」と思いながら押し黙るタイプです。勿論、相手から与えられるものがあれば傍に居てくれるだけで充分なのですが。
 シナリオを数本読めば判る方には判る事柄だと思いますので詳しくは申しませんが、今のロザリーは出来る限り嫌なことを嫌だと言おうとしています。ティアレスとは違って本気で苦しみながら、ひとつひとつ真面目過ぎるくらいに受け止めてしまっています。気にしなくて良いくらい些細なことまで今の彼女にとっては辛いのです。今の彼女と接するのはかなりしんどいことだと思いますので、皆様どうか無理だけはしないでくださいね。
 NPCの心に傷がつくほどの確定ロールに関しては、色々と想像して下さい。絶対に譲れないものに触れられた場合が殆どです。


--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--

鼻づまりが取れたら、良く噛んで読み直してみます。
自戒自戒。

ティアレスさんが優しいのは勿論だけど、そうやって依頼に対する構え方を書いてくれる愛染ますたもすっごく優しい気がします。
PLとMS双方が楽しめるゲームのあり方のためには、こういったアナウンスはむしろ必要なのかもしれません。



ちなみに
>【追記】朝にはもう少し違う事柄についても書いて、色々と悩んだ結果すぐに消したのですが、まさかそれを見ている方が居たとは思いませんでした。びっくりです。

の部分については見てなかったのでした(鼻ずびずび。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
愛染ますたの雑記、転載。 ニューラ@無限のファンタジア/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる