ニューラ@無限のファンタジア

アクセスカウンタ

zoom RSS 娼婦のパスタ【作ってみた】

<<   作成日時 : 2008/03/23 08:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

いわゆる、プッタネスカ。
前から一辺食べてみたかったメニューではあったのですが、中々機会がなく。
で、作ってみました。
参考にネットを検索したらニコニコで「毒男飯〜プッタネスカ〜」というのを見つけて。
そちらの方はアンチョビーも手作りだったり、すげー凝ってるのであくまでも参考。
で、レシピはジョジョの奇妙な冒険第4部のトニオさんのメニューのものでやってるそうで、だから普通は唐辛子系のパスタには入れない筈のチーズが使われているバージョンなんだそうです。
他にも幾つかレシピは見つけたけど、どれも微妙に違ってる。
うん、てきとーでいいや(開き直った。
 
というわけで、毎度の如くあちしは手抜きします。
 
よういしたざいりょう
 
スパゲッティ 100gぐらい
サラダクラブのブラックオリーブ種抜き輪切り 1袋100円 の半分
アンチョビの缶詰 いっこの3分の一くらい
唐辛子とガーリックのパスタ用オイル 大匙3見当
ケイパー
市販のミートソースの余り

手順
・フライパンにパスタオイルをだら〜っと入れて温めます。熱い鍋に入れると爆ぜて危険なので、鍋の中に入れてから火にかけてくださいだそうです。
・アンチョビ、オリーブを入れます。刻みません。アンチョビを使うのは初めてだったのですが、さんまの蒲焼缶みたいに横になって入って居るのかと思ったら、ケイパーを中心にぐるっと丸めたものが入っていました。……これならケイパーいらないじゃん、と思ったのがミスの始まり。
・ミートソースを入れて、くつくつと煮ます。
・別鍋でスパゲティを茹で、茹で上がったところをフライパンにぶち込んで、ソースと絡めます。

オッケー喰うぜ。


……しょっぱい。


アンチョビとパスタオイルの塩味に加え、ミートソースにも味があるので、麺の量に比して味が濃くなってしまった模様。
辛味もあったけど、塩がきつかった。基本的に塩がキツイのはそれなりに好きなんですが、今回は失敗
ちゃんと完食しましたけどね。


で、リベンジ。

今度はスパゲッティ麺のかわりにツイストマカロニを消費期限切れのヤツを発見したので早く使い切っちゃおうと思って入れてみました。
たぶん150gぐらい。
さらに前回のあんまりな味の濃さを回避する為に、鶏肉も入れてみました。親子丼用細切れ100g↑くらい。
さらに、「カゴメ 基本のトマトソース」を購入。
これはミートソースと違って味が少ししか付いてないもの。
……まあ素直にトマト買って潰せよって話ではあるんですが。

まずはフライパンを温めます。
そこに鶏肉。油はパスタオイルでなくオリーブオイル。焼き色がちょっと付くくらい。
そのあと一旦火を止めてパスタオイル追加。再点火。
今回は肉が入るし、パスタの量も多いので、アンチョビは缶詰の残りを全部ぶち込みます。
刻まなくても、炒めている過程でどんどんほぐれるので、問題はなさげ。
今回はケイパーも投入。ちっさい瓶に入ったものを、小さじ2杯ぶんぐらい。
オリーブも袋の残りを全投入。
トマトソースは缶にはいってるのを半分ぐらい入れました。様子見というのがあったので半分にしたのですが、全部入れちゃっても良かったです。

マカロニは早茹で90秒というしこたま便利なヤツだったのですが、ちょっと誤算が。
ソースに絡めてすこし煮込む感じになるので、硬めに湯から引き上げないといけなかったのですよね。
まるまる90秒しっかり茹でちまったい(´・ω・`)
でも特に煮溶けるとかそういうことはなかったので。想定の範囲内だ。

さて、出来上がり。
今回はとても美味しかったです。うまうま。
カチャトゥーラという、鶏肉のトマトソース煮の料理があるのですが、あんな感じで(まあ鶏肉とトマトソースが入ってるので当たり前かもですが)。
ただ今度は、塩味は丁度良かったものの、辛味が薄くなってしまって。
鷹の爪とガーリックできちんと炒めて作った方がいい味でそう。
ちなみに今回チーズを入れなかったのは、パスタ星人の家の人が大量に粉チーズを消費しちゃうので、キープしておきたかったという理由。
まあでも美味しかったので、パンとスープのおかずとしてまるっと食べちゃいました。
ごちそうさまでした。


多分家庭料理なので、「正しい」レシピなんてないのですよ。
味噌汁と同じ。
こないだ愛染MSのイベシナでプッタネスカを注文した時は、とあるお店のレシピを眺めながらプレイング書いたのですけど、緑と黒の二種のオリーブというのが、「オリーブオイル」になってしまって、うっはー失敗こいたーと思ったものです。
だからそちらの方もリベンジ予定なのです。
そのための予行演習という意味もあります、今回のクッキング。


ちなみにプッタネスカはSpaghetti alla Puttanescaで「娼婦のパスタ」なんだそーです。
なんかそういわれると一回お相手食べてみたいって思うじゃないですか、男なら。

……あれ?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
我が家も休日の多くは麺類の昼食が多いです。
その中でも、パスタは旦那が担当(o ̄ノ∀ ̄)イヒッ
我が家では、アンチョビの代わりに
『イカの塩辛』を使います。塩分がアンチョビに
比べると少ないので、塩加減がいいです。
味もアンチョビとあまり変らない・・・
って言うか、アンチョビより生臭くないです。
それを、じっくりと香りと辛味を効かせた
パスタオイルに、塩辛ぶち込んで〜ぇ
安い白ワインを少々入れて、強火で手早く
アルコールを抜きその中に、パスタをぶち込み
ささっと混ぜると、出来上がり・・・。
贅沢風にするなら、これにアサリのワイン蒸し
を絡めるとか、
冷凍えびを混ぜるとか・・・
まあ、美味いです。 ̄m ̄ ふふ
凸 ねこ
URL
2008/03/23 11:33
ぬおおおう塩辛か〜〜!!いい事聞いた!
〆(、、*)めもめも
つか、ウチは若い衆がミートソース専門のパスタ星人なので、唐辛子系はおろかクリーム系ですらも一人で食べるしかないのです(´・ω・`)
二人分別メニュー作る手間がどうしても面倒で、一人で昼ごはん食べる時ぐらいしか新しいレシピ試せないのですよう。
でも塩辛パスタおいしそうなので近いうちにやってみます!
むふふ。
ニューラ
2008/03/23 11:51

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
娼婦のパスタ【作ってみた】 ニューラ@無限のファンタジア/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる