ニューラ@無限のファンタジア

アクセスカウンタ

zoom RSS 銀行に行った帰り道のシンクロニシティってやつ

<<   作成日時 : 2008/04/28 19:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

狭い道で車が数台、渋滞しておりました。
そのうち後ろの車からバックしてUターンして行きました。
車の列の向こう側に目をやると、消防車やら救急車やらが止まっているのが見えました。
なんだろう、と思いながらそのまま道を抜けて大通りに行くと、そこには横転した車が。
あらかた掃除は済んでいるようでしたが未だ鑑識らしき人が何人もうろうろ、無線で応援要請とかしてました。
思わず「えーっ」とか間抜けた声をあげちゃった(´・ω・`)
 
家に帰ってから無限の方でも事故のニュースが。
 
〜希望のグリモア近くの港町〜

 希望のグリモア近くにある、平和な港町「ウキ」。
 そんな街の、青く晴れ渡った空を切り裂き飛来する、ひとつの巨大な物体。
 轟音を発するそれは、天空を駆ける巨大な遺跡であった――。

『絶望しちゃだめです! 絶対に!』
 その遺跡には冒険者が、コルドフリード探索隊の面々が乗り込んでいた。
 激しい落下の震動と加速による圧で耳が、体中が悲鳴を上げ始める中、瑠璃色の魂抱く大地の守護者・ペルレの声が皆の心に響く。互いをかばい合い、折り重なる様に身を低くして来るべき衝撃に備える冒険者達。そして、激しい衝撃が遺跡を……そしてその内部を蹂躙した。死力を尽くし、生き残る為の戦いを全うした者達全てを無慈悲で圧倒的な力が襲う!

 …………!!!!
 轟音と共に墜落した遺跡に、仰天して駆け寄る街の住人達。
 遺跡の中から出てきたのは、どうにか一命を取り留めた探索隊の面々。そして……。

「ここ……は……」
 そう声を発したのは、青い鎧を纏った、いや、まるで鎧そのものが本体であるかのような、奇妙な外見の存在。タロスの重騎士・デュンエンである。
「命は、助かったようですね。そして、大地を埋め尽くす大量の土……。私達は無事に、ランドアース大陸という場所に着いたようですね」

 デュンエンがそう分析すると同時に、喜びの歓声をあげる護衛士達。
 これは幸運なのか、それとも最後まで希望を捨てずに進み続けた結果なのか。
 遂に、彼らコルドフリード探索隊は、生きて同盟諸国への帰還を果たしたのだった。





お帰りなさいませです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
銀行に行った帰り道のシンクロニシティってやつ ニューラ@無限のファンタジア/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる