ニューラ@無限のファンタジア

アクセスカウンタ

zoom RSS 上野の国立科学博物館に行って……きた……ニャ!@オリゼー展覧会(違

<<   作成日時 : 2008/10/14 15:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

上野 国立科学博物館
 
現在、特別展「菌類のふしぎ〜きのことカビと仲間たち」をやっています。
……本当はこのタイトルは間違ってます。
「オリゼーとセレビシエとクリソゲヌムと仲間たち」です(笑。
だって、看板にもやしもんのオリゼーたちがでででででーんとかもしてるんですもの!
 
概要は「漫画『もやしもん』のヒットと共に注目を集める菌類にスポットを当て、人類の生活に欠かせないパートナーであり、巧妙で多様な菌類の生態を紹介します。
菌類と人間の係わり合いに驚きと感動が感じられる展覧会です」
ということらしいです。

実はそんなイベントやってることなんてオリゼーの菌糸の一本の先ほども知りませんで、……と言いますかあの、鯨の寄生虫をツレの人に見せようと(←よく考えてみると、自分でもどういう趣味だよと突っ込みたい気持ちになるので、ここはひとつ是非、突っ込まずにおいてくださいm(__)m)、行こうよ行こうよーと誘ったのでしたが、上野の駅で頭上に翻るオリゼーの横断幕見てびっくりですよ。

で、シロナガスクジラの実物大銅像(だよね?)が地面に突き刺さってるのが目印の博物館へ。
チケット買って入りました。
後から知ったのですが、特別前売りペア券をもっていると、ショップで「金のオリゼーと銀のセレビシエ」と交換してもらえたらしいです。(TBSのサイトで扱っていたようですが、現在は既に完売済みとの事)

TBS 菌類のふしぎ

ちなみにここのページではこの展覧会に関するブログパーツを配布しているのですが、内容が展覧会開始までのカウントダウンで、既に開幕してしまっている現在では単にきのこなどの画像を延々映してるだけなのでさしてゲット視する必要を感じず、こちらのブログパーツにくわえることはしませんでした。

入ると結構な人ごみ。
スタッフが「奥の方は空いております、列や順番はございませんので、どうぞ空いているほうからご覧ください」と必死に呼びかけていましたが、さほど効果は無く。
……や、奥まで行ってまた戻ってくるの面倒だなーって思ったんですよ……(´・ω・`)

で、まじめな菌類の顕微鏡写真なんかに混じって、こんな
画像

かもしまくってるオリゼーの群体とか、
かもされちゃっているみかん箱
画像

とか、
あまつさえ、こんなところに
画像

こんなモノが描いてあったり、
あるいは、
画像


まあ要するにもやしもんの原作者の石川雅之先生がいたるところに落書きを残してらっしゃいまして、まじめな展示物の合間にオリエンテーリングのように菌ども(+その他)の落書きを探すという遊びが楽しめる、一粒で二度おいしい展覧会なのです。
もはやこれはオリゼーテーリングと呼ぶことを提唱するものである(難点:オリゼーだけじゃないよ)。
でも注意書きも、堅苦しく書いてあるより、こんな風に菌に呼びかけられたほうが、なんだかいうことを素直に聞けてしまう気がするのは、なぜでしょうか。

展示物の中では、アイスマン(アルプスで見つかった5000年以上前の氷付けミイラ)の持ち物の中にホクチタケの粉末と宗教儀式に使われた(?)キノコがあった話なんかが興味深かったです。
ホクチタケの粉末とか、なんかファンタジーゲームのフレーバーで使えそうだ(笑。
あと、オリゼーとすげえそっくりなんだけどオリゼーと違って毒を出すアスペルギウス・フラブスの話とか。
(フラブスはもやしもんの漫画のほうでは出ているらしいんですが、あちしはアニメの話あたりまでしか知らないので、へーっ!って驚きました。)

展示ブースの最後のほうにはもやしもんの原画展(とキノコの絵の展示)ともやしもんグッズ(とキノコグッズ)の販売もありました。
個人的な趣味でヨグルティのタオルハンカチとかヨグルティのミニノートとかゲットです。
あとは「菌類のふしぎ オフィシャルガイドブック」も。
この本、厚さは1.5cmほどなのですが、表紙の厚さがそれぞれ5ミリずつあります……(´ー`)
でも中身もかなりかもされてるので、楽しくお勉強できること間違いなし(笑。
会場でしか手に入らない//会期中にしか手に入らない限定モノということで、ついつい買ってしまいました。
ヨグルティ可愛いよヨグルティ。

その後常設展のほうも見に行きましたが、オリゼー展特別展「菌類のふしぎ」のほうでだいぶ時間を食ってしまったため、一フロア軽く回っただけで終了。
でも鯨の寄生虫はばっちり見てきましたよ!あのびっしりのアレ!!(←だからどういう趣味だと小一時間(略)
出たらもう入り口は閉まってまして、そういえば終盤はかなり人が少なくなっていたのは閉館時間が近かったためか、いっそ人の多さでいくつか飛ばしてしまった展示物をもっかい見ておけばよかったなーとも思ったのですが、こういうのを専門用語で『後の祭り』といいます(爆。

帰りにご飯食べて帰りました。
ここでキノコ料理でも食べとけばよかったんですが、特に空気読まずにトリさんでした

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
←なんだか、知らぬ間にこのような、余り可愛いとはいえない、絵文字が米に貼り付けられるように成ったのですね・・・

かもされてきましたね〜(o ̄ノ∀ ̄)イヒッ
偶然にも、σ(-_-) この間ジャ●コのゲーセンで、
オリゼーとクラチスと火落菌と大腸菌をUFOキャッチャーで(σ ゚Д゚)σゲッツ!!してきました。
本当は、納豆菌とかソーエとかクリソゲヌムが欲しかったのですが・・・
場所的に取るのが不可能でした。
(大体、500円しか使ってないし・・・)
北国にも巡回して来ないかなぁ〜。
でも、来年までやっているから、きっと無理ですね・・・( _ _。)・・・シュン

ぁ  こんなサイト見つけました。
★ttp://www.kamosuzo.tv/dir.html
(★はhに変えてd(´・ω-) ねっ)
PS:アルカナ・・・|I `) ジィ〜
ハロウィンアイテム・・・良いものゲトしていまつね・・・
凸ねこ
URL
2008/10/14 17:00
あ、菌名鑑ですねっ
チェックはぬかりありませんとも。
ヨグルティは何時見ても可愛いなあ(←重症)

アルカナのハロウィンアイテムは、ぜんぜん入手できなかったのにこの前一気に3つ入荷して。
後一個南瓜パンツは男性用なので、装備不可。
だから今装備中のが全てです(笑。

展示の巡回は、どうなんだろうなー。
標本とパネル、あと海洋堂のフィギュアで構成されているので、実は移動もそんなに大変ではないと思うのですが。
ただ、ダンボールがメイン素材なので、耐久性に問題があるのかも?
ニューラ
2008/10/14 17:52
おはようございます。
金のオリゼーで検索してきました。
私には菌類好きの姉がいて、今週末にこれを見に滋賀からやってきます。
で、ちょっともう行かれた人の感想を見ようかと。
これは、めちゃめちゃ必見じゃないですか!!
世間知らずの姉が土曜の午後行こうというので、「東京をなめんなよ」と言って、土曜の朝一に行くことにしました。
姉がきっと、鯨の寄生虫にも反応すると思います。
レポありがとうございました。
姉にもここのリンクを送っておきます。
つるつる
URL
2008/10/29 09:19
>つるつるさん

コメントありがとうございますm(__)m
滋賀のお姉さまにもよろしくお伝えください、他人の気がいたしません(笑。
この時期は朝夕の気温差が激しいかと思われますので、体温調節のしやすい服装がよろしいかと思われます。

追加情報として、博物館内にあるレストランは「ティラノの卵」なんてネーミングのハンバーグが在ったりします。以前ここでスコーンを食べたのですが、かなり美味しかったです(今回は立ち寄らなかったのですが)。
あと、土産物ブースの販売品でモネラのソフビの限定品がある模様です。私帰ってから知ったので買えませんでしたよ(=x=;

どうぞ楽しい一日をかもされますよう、お祈り申し上げます♪
ニューラ(ヨグルティ萌え)
2008/10/29 12:11
ご丁寧にありがとうございます。 頂いた情報を元にこの土曜日かもされてきます。 昔、大腸菌やセレビシエ、オリゼーの親戚とか親しくして頂いておりました。おなつかしやというところです。 
ヨグルティは確かに可愛いと思いますが、個人的には157のでかい態度に惚れています。
つるつるの姉です
2008/10/30 00:17
コメントありがとうございます、わざわざ恐れ入りますm(_)m
東京は木枯らし1号が吹いたとか、少し寒い日になりましたね。とはいえ車内や建物の中では逆に空調が利きすぎていたりもするのですが。

157もボツリヌスも、かもしころす系の、人間と馴れ合わない態度は一目置いてしまいますね。
というか、菌たちも「人間なんてね 勝手にウロウロしてりゃいいんです 我々が物語回してやりますヨ」なんて豪語しちゃってますし(笑。
どの菌も魅力的です……かもし殺されたくはありませんが!(笑。
ニューラ
2008/11/01 17:32
今晩は。ご丁寧なレスありがとうございます。
昨日、無事に姉と「菌類のふしぎ」に行ってきました。
展示の中で一番印象に残ったのはO-157以外は、冬虫夏草の虫ではなく、幼虫についているやつでした。必ず幼虫の頭から生えていると姉が気づきまして、写真撮りましたが、うちの読者がひきそうだったので、ブログには載せませんでした。
ひとしきり、かもされた後、ガチャを回してマグネットをゲットし(あまりいいのが出ず)、ソフビのO-157を買ってきました。
本当は展示に会った、まっかっかなO-157が欲しかったんですが、なかったです。
人のおみやげにセレビシエを買いました。
ヨグルティのソフビはなかったです。
そのあと、嬉々として地球館に行き、鯨の寄生虫を見て感動してきました。
教えていただいてありがとうございました。
お蔭様で楽しんできました。
うちのブログの昨日の記事に載せてますので、よろしかったらお見えになってください。
あ、寄生虫とかには触れていません(笑)
つるつる(O-157萌え)
URL
2008/11/02 21:55
菌展お疲れ様でした(←知り合いの博物館常連の人が「科博の菌展」とこともなげに略しているのでマネしてみました)。
うちの記事がお役に立ったのであれば、本当にうれしい限りです!(^^)
つるつるさんのブログ記事も拝見いたしました、やはり写真がたくさんあるとビジュアル的にいいですね。うちはものぐさなので文字ばかりです(笑。
逆にあの鯨の腸なんかは、ビジュアルにすると引くというレベルではない事になっちゃいそうですしね(^^;

O157の赤いソフビ、UFOキャッチャーの景品の流用だった気がするので、ゲーセンを探してみるといいかもしれませんです。
ニューラ
2008/11/14 16:44

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
上野の国立科学博物館に行って……きた……ニャ!@オリゼー展覧会(違 ニューラ@無限のファンタジア/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる